カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用したことがある人は多いと思います。

当然のことながら、毎月返済期日までに遅れずに返済していることと思います。

しかし、何か事情があって1回でも返済が遅れて滞納してしまうと、ブラックリスト入りしてしまうのでしょうか?

たった1回返済が遅れただけで今後しばらくカードローンの審査には通らないとなると不安で仕方ありません。

実は私もそういった不安を抱えている1人でした。

そういった不安を解消するために、「滞納」が審査にどう影響するか説明していきます。

スポンサーリンク

消費者金融はどうやって調べている?

そもそも消費者金融は、「申込者が毎月の支払いを滞納しているか」ということをどうやって調べているのでしょうか?

自分の会社への返済が遅れているのであればすぐに分かるでしょう。
ですが、他の消費者金融への返済が遅れていることもどうやらつかんでいるようです。

「もしかして消費者金融の担当者同士で情報交換しているのか!?」

・・・と疑ってみましたが、そういうことはしていません。

仕事中

実は調べ方は簡単で、消費者金融やクレジットカード会社、銀行は個人信用情報機関から申込者の信用情報を取得して見ています。

今回は消費者金融にマトをしぼって説明します。

例えば、プロミスの場合であれば「日本信用情報機構(JICC)」「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」から申込者の信用情報を見ています。

個人信用情報機関(CIC編)

CICはクレジットカード会社がメインに登録している個人信用情報機関です。
ですが近年は消費者金融の多くが加盟するようになっています。

消費者金融カードローンを滞納した場合、CICではどのように掲載されるのでしょうか?

信用情報に「A」というマークがつけられる

CICでは申込者の滞納情報はどのように掲載されているのでしょうか?

カードローンの支払いを滞納するとCICの開示報告書に「A」というマークがつけられます。

このマークがついていると「返済が遅れたんだな」と判断されます。

しかし、あなたの信用情報に「A」がついていても、実は審査に通ることは少なくありません。

Aのマーク

滞納1回目

その理由は、1回引き落としができてないことは、意外によくあることだからです。
といってもよくあってはいけないことなのですが。

「引き落としにしていて、お金を入れていたつもりが少しだけ足りなくて引き落としできていなかった」ということもあります。

ついうっかりというやつですね。

こういったことが考慮されるので、1回遅れたくらいなら他の属性の良さなどでカバーできることもあります。
当然ですが審査にはマイナスにはなります。

ただし、「利用後最初の返済に遅れた」という情報が掲載されていれば、審査には大きなマイナスポイントになります。
借りてすぐに滞納すれば当然なのですが。

滞納2回目

では2回「A」がついていた場合はどうでしょうか?

これは正直、審査にとってはかなりのマイナスポイントであることは確実です。

かなり厳しいですが属性が良ければ審査に通ることもあります。

滞納3回目

問題は3回目です。

3回も「A」がついているということになりますので、この状態は非常にまずいです。

さらに信用情報機関の返済状況の項目に「異動」と書かれます。
これは事実上のブラックリスト宣言になってしまいます。

CICで滞納情報が消えるまでの期間

長い線路

「異動」と書かれてしまうと5年間消えません。
5年間ブラックリスト入りしてしまうということになります。

こうなるとキャッシングやカードローン、さらにクレジットカードでも審査には通らなくなりますので注意してください。

滞納したマーク「A」に関しては2年で消えます。

ちなみに一回でも「A」がついていれば、審査に落とす消費者金融やクレジットカード会社もあります。ここはその会社独自の審査基準次第です。

個人信用情報機関(JICC編)

日本信用情報機構(JICC)は消費者金融がメインに登録している個人信用情報機関です。

日本のまともな消費者金融であれば、このJICCに必ず情報があります。

信用情報に「延滞」と書かれる

掲載される

JICCで申込者の滞納情報がどのように掲載されているかというと、異動参考情報の欄に「延滞」と書かれています。
これを見て、支払いを滞納していると判断されます。

この「延滞」と書かれるのは3か月以上の滞納の場合です。

「1日返済滞納した」といった情報が載ることはありませんので、その点はCICよりも審査にとっては有利といえます。

JICCで滞納情報が消えるまでの期間

CICでは「異動」と書かれてしまうと5年間は消えません。

JICCの場合は、滞納金を支払ってしまえば「延滞解消」と書かれ、これは1年間残ります。

つまり1年間ブラックリストというわけです。

「返済滞納」という点だけで見れば、5年間情報が残るCICよりもJICCのほうが審査には有利ですね。

何ヶ月の滞納が限界なのか?

崖

今まで説明してきたことから考えると、「滞納の限界は2か月」といえます。
これは審査にギリギリ通らせてもらえるレベルです。

当然ですが、「滞納2か月だから審査に通る」というわけではありません。
むしろ滞納情報が見えた時点で審査がかなり厳しくなると思ってください。

「難しくてよく分からない」

消費者金融の審査に慣れている人には、今までの説明で分かって頂いたと思います。
ですが、慣れていない人も多いでしょうから、最低限下記の内容だけは頭に入れておいてください。


CIC
  • 2か月滞納すると「A」が2個並ぶので審査にかなりマイナス、3つあれば完全にブラック
  • 滞納「A」マークは2年間で消えるが「異動」と書かれると5年間消えない
  • 2ヶ月までの延滞情報は2年間で消える
JICC
  • CICの滞納マーク「A」はない
  • 2か月滞納してもまだ信用情報に載っていない
  • 入金予定日から3ヶ月以上入金がない場合に「延滞」と書かれる

「滞納」以外のブラックリスト情報についてはこちらを参考にしてください。

ブラックリストはいつ消えるのか?

CICとJICCは情報交換している

それから、CICとJICCはそれぞれ独立した会社ですが、CRIN(Credit Information Network)というネットワークで情報共有しています。

CRINとは簡単に説明すると、JICC、CIC、全銀協の相互交流ネットワークのことで、滞納などの金融事故情報を共有しています。

  • 本人を識別するための情報(氏名・生年月日・性別・郵便番号・住所・電話番号・勤務先・勤務先電話番号など)
  • 契約内容に関する情報(契約日・契約の種類・契約額など)
  • 支払状況に関する情報(異動発生日・情報の種類(異動)・終了状況(完了・貸倒など)など)
  • 申告した内容に関する情報(申告したコメントなど)

(引用:信用情報の交流(CIC)

しかし、ブラックリストに関するすべての情報を共有しているわけではありません。

信用情報は自分の情報であれば、CICJICCに開示請求をすれば見れますので、審査が不安な人は自分の信用情報を開示してみましょう。

まとめ

滞納の限界は2か月ですが、審査にかなりのマイナスポイントになります。1か月でも滞納すればアウトの消費者金融もあります。

3か月の滞納は完全にブラックリスト入りします。この情報はCICなら5年間、JICCなら1年間残ります。

返済が遅れるときは、必ず消費者金融に連絡してください。そうしないと限度額がゼロになり、借り入れができなくなり返済するだけの状態にされることもあります。

クレジットカードの場合は、クレジットカードの利用停止にもつながりますので注意してください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク