公共料金を滞納すると、カードローンに通らない、クレジットカードが持てないという話をよく耳にします。これは本当のことなのでしょうか?

もしも公共料金の滞納が原因で、カードローンの審査に落ちる、クレジットカードが持てないということであれば、公共料金の滞納の情報がどこかに登録されていることになります。

当然ですが、そのどこかとは個人信用情報機関です。

個人信用情報機関に公共料金の滞納の情報はあるのか

もし個人信用情報機関に公共料金の滞納の情報があればブラックになります。

しかし実際は信用情報機関に公共料金の滞納は登録されません。

つまり、公共料金の滞納が原因でキャッシングやカードローン、クレジットカードの審査に落ちることはありません。

しかし公共料金の滞納が原因で審査に落ちたという話を耳にします。といっても、消費者金融などの審査担当者から直接聞いているわけではありません。

ただ単に、その時に公共料金を滞納していたから、それが原因で審査に落ちたと勝手に思っているだけのようです。

だいたいそのような人は、別に審査に落ちる理由があるはずです。

公共料金の支払いをクレジットカード払いにするのは危険?

公共料金の滞納が審査落ちの原因ではないという話をしましたが、ひとつ例外があります。

それは、公共料金の支払いをクレジットカード払いにしてる場合です。

これは滞納すれば必ずブラックになります。

しかしこれは、公共料金の滞納が原因でブラックになるわけではなく、クレジットカード料金の滞納が原因です。

クレジットカードの支払いを滞納すれば、個人信用情報機関であるCICに登録されます。

消費者金融やクレジットカード会社などはその情報を見ることができますので、審査に通らなくなって」しまいます。

「クレジットカード払いにしておけば楽でポイントも貯まる」という意見が多いですが、あまり支払いに自信がない人はクレジットカード払いはおすすめできません。

結局そこで滞納をしてしまうと、ブラックになってしまい、カードローンやクレジットカードの審査に通らなくなります。

さらに怖いのは、滞納したことが個人信用情報機関であるCICに登録されますと、最低5年間は他のクレジットカードの審査に通ることができません。カードローンの審査にも当然落ちます。

さらに現在利用中のクレジットカードも利用停止になる可能性もあります。

ブラックリスト入りしているので、他のクレジットカードの審査に通らない状況で、今持っているクレジットカードを取り上げられると、本当に困ると思います。

まとめ

公共料金の滞納でローンに通らなくなるということはありません。カードローンやクレジットカードでも審査に影響はありません。

ですが、公共料金をクレジットカード払いにしていたら、その料金を滞納したときはブラックになります。その場合、新たにクレジットカードに申し込んでも審査に通りません。

同じように、公共料金を銀行引き落としにしている場合は、その料金を滞納すれば、その銀行のローンに通らなくなります。

少々面倒かもしれませんが、コンビニ払いのほうがブラックにならないので、そのほうがいいのかもしれません。


スポンサーリンク

スポンサーリンク