自分の予定通りにいけば順調に返済できるはずだったのに、急な出費が増えたり、不景気のせいで給料が減ったりして、返済が滞る人は少なくありません。

そしてこの延滞(滞納)の情報は、個人信用情報機関に登録されます。

「3ヶ月以上延滞するとブラックリストに載る」という話をしましたが、もし消費者金融に返済が遅れることを事前に伝えていた場合、延滞にならないのでしょうか?

事前連絡をしても延滞はつく

残念ながら事前に連絡していたとしても、個人信用情報機関に延滞の情報が登録されることを回避はできません。

ということは返済が遅れる場合、事前連絡はしなくてもいいのでしょうか?

返済が遅れることはあまり言いたくないのが本音だと思いますので、しなくていいのであれば連絡はしたくないと思います。

しかし、事前連絡は必ずしたほうがいいといえます。

消費者金融もあなたを信用してお金を貸しています。そのお金を返す日が遅れるのであれば、連絡するのは社会人として当然のことです。

そういったマナーのことだけではなく、ちゃんと連絡しておかないと自分が困ることになります。

事前連絡をしなかったばかりに、カードローンの枠がなくなり、返済のみしかできなくなることもあります。

例えば100万円枠があり、50万円しか借りていない場合は、まだ50万円借りられるはずです。

しかし、気が付いたら枠がゼロになっていたということが現実に起こります。

あなたを信用してお金を貸しているので、信用がなくなればお金を貸さなくなる、ただそれだけのことです。

確かに滞納することで延滞の情報はついてしまいます。

しかし連絡をすることで消費者金融から見てイメージは悪くなりにくいので、今後のことを考えると連絡は入れるにこしたことはありません。

延滞が1回目であれば、きついことを言われることもありませんし、審査への影響も軽微ですみます。

連絡を入れて「いつまでに返済できる」という話をしていれば、電話がかかってくることもありません。

滞納が2ヶ月、3ヶ月と続いたら

先ほども言ったように、支払いを滞納するとカードローンであれば限度額が減額されることがあります。

クレジットカード会社の場合も同じような対応になると思います。

怖いのは、返済が遅れることを事前に伝えずに延滞すると、ショッピング枠やキャッシング枠が減額される可能性があることです。

支払いの滞納が2回目、3回目ともなると、クレジットカードが利用停止になる可能性もあります。キャッシングの場合は限度額がゼロになります。

さらに督促の電話も当然かかってきます。

「返済が遅れること、いつまでに支払うこと」これさえ伝えておけば、消費者金融やクレジットカード会社側もそう何度も電話してくることはありません。

もしその督促の電話を無視していれば、手紙で「返済してください」と連絡があるでしょう。それすら無視していると裁判沙汰になります。

返済が遅れることは事情があれば仕方ないことだと思います。ともかく連絡だけはキッチリ入れるようにしてください。

連絡を入れなければ、今後そのカードローンやクレジットカードを利用することは2度とできなくなるかもしれません。

長期に渡って滞納した場合は、一括返済を求められることもあります。

まとめ

事前連絡をしていたとしても、3か月以上支払いを滞納すれば、ブラックリストに載ります。

事前に連絡を入れなければ、カードローンなら限度額が、クレジットカードならショッピング枠やキャッシング枠が減額されることがあります。

特にクレジットカードは、取り上げられるケースもありますので、事前連絡は必ずしてください。そうすれば、クレジットカードが使えなくなるリスクを減らすことができます。

すでに3か月以上滞納していて、他の支払いも数か月滞納しているような状態の人は、債務整理を考えたほうがいいかもしれません。


スポンサーリンク

スポンサーリンク