ネット上で「ブラックリストを消す方法」などの情報が数万円で売られているのを見かけました。

ブラックリストで審査に通らない人からすれば、のどから手が出るほどほしい情報だと思います。

「ブラックが消えるなら数万円しても買いたい!」と考える人がいてもおかしくはありません。

ですが、実際にブラックリストを消すことはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

ブラックリストとは

そもそも「ブラックリスト」というリストは実際にはありません。

一般的に言われているブラックリストとは、信用情報機関に登録された申込者の金融事故情報のことです。

情報

JICCにはブラックリストや事故情報というものはありません。
JICCが保有している信用情報は、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
(引用:JICC

「延滞」「債務整理」などの金融事故などをおこせば、個人信用情報機関にその情報が登録されます。
その情報を消費者金融などの貸金業者が見ることで審査の判断材料にします。

「この人は支払滞納した」といった金融事故情報が個人信用情報機関にあれば、貸金業者はそれだけで審査に落とします。

個人信用情報機関にそういったブラック情報、つまり自分の金融事故情報が載っているかどうか確認したいのであれば、信用情報機関に直接問い合わせることで自分の信用情報を見ることができます。

個人信用情報機関については過去記事の「カードローンの審査ではあなたのブラック情報は必ず見られている」を参考にしてください。

ブラックリストを消す方法は実在する?

それでは、その金融事故情報(ブラック情報)を消すことはできるのでしょうか?

間違い

実は、個人信用情報機関に登録されたあなたの情報は修正・削除することはできます。
しかしそれができるのは、「情報が誤っていた場合のみ」です。

情報が正しい場合は残念ながら削除することはできません。

例えば申込者が3ヶ月延滞していた場合、そのことが事実であるならば、どうやってもその情報を消すことはできません。

ネット上で売られている「ブラックリストを消す方法」という情報は、はっきり言って詐欺ですので、絶対に購入したりしないでください。本当にお金の無駄です。

個人信用情報機関に登録されたあなたの情報が正しいものであれば、その情報を消すことはできませんので自然に消えるのを待ちましょう。

登録された情報が間違っている場合は、訂正や削除、その情報の調査をしてくれますので信用情報機関に連絡してください。

(参考:CIC

ブラックリストが消えないこともある?

猫

延滞や債務整理なら、5年間はカードローンやキャッシング、クレジットカードの審査に通ることはほとんどありません。

消費者金融が審査の際に見る個人信用情報機関は、基本的にはJICCですので、消費者金融ならば延滞解消後1年で審査に通ることも不可能ではありません。

自己破産の場合は消費者金融なら5年後、銀行なら10年後に審査に通る可能性が出てきます。

注意が必要なのは、「問題が解決していることが前提」という点です。

どういうことか説明しますと「延滞」は完済日から5年を超えない期間登録されています。

つまり、完済していないとブラックリストとしてずっと登録されたままということです。

  • 借金を全額返す
  • 借金を全額返せない場合は債務整理をする

滞納している人は、この2点のどちらかをしないとずっとブラックリストのままです。

その借金が時効になればブラックリストから消すこともできます。

借金の時効については「借金に時効はあるのか?」を参考にしてください。

クレジットカード

「クレジットカードはないと困る」という人であれば、「VISAデビットカード」を作ることをおすすめします。

VISAデビットカードなら、クレジットカードと同じような使い方ができます。
「残高がないと使えない」ので必ずお金を入れとく必要はあります。

ですがクレジットカード払いしかない通信販売などでは使えるカードですので、ブラックでクレジットカードが持てない人にはおすすめです。

まとめ

ブラックリストを消す方法はありません。

しかし、その情報が誤っていた場合のみ削除してもらうことができます。

登録されている情報が正しければ、金融事故情報を削除してもらう方法はありません。

借金が時効になっている場合はブラックリストを消すこともできますが、いろいろと厄介なので弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。


スポンサーリンク

スポンサーリンク