過去に債務整理や延滞などの金融事故を起こした人は、カードローンの審査に通ることはできるのでしょうか?

それを知るには、現在自分ブラックリストに載っているのかということが、重要になってきます。

現在ブラックリストに載っているのか

何度も言っていますが、実際にブラックリストというリストがあるわけではありません。

一般的にブラックリストと言われているのは、個人信用情報機関に金融事故情報が載っていることを指します。

では、過去にカードローンの支払いを滞納して、延滞になったケースを考えてみます。

延滞の情報は、個人信用情報機関であるCICと全銀協の場合、支払っていない料金を支払ってから5年間登録されます。

仮に延滞を起こしてから3年目の場合、CICや全銀協にはこの申込者の延滞という情報がまだ残っています。

この状態では、まずカードローンの審査に通ることは難しいと思います。

しかし、消費者金融などが主に登録しているJICCの延滞情報の登録期間は1年間です。

JICCしかチェックしない消費者金融の審査であれば、延滞情報はすでに消えているので、ないということになります。

この場合、現在ブラックではないと判断されますので、あとは個人の属性次第です。

自分の信用情報機関の情報は個人でも見れる

例えば、JICCなどの個人信用情報機関の情報は、消費者金融などの貸金業者しか見れないと思っている人が多いと思います。

しかし自分の情報であれば、JICCの情報を見ることができます。

どのようにしてJICCにある自分の信用情報を見るかというと、意外と簡単です。

実際にJICCの窓口に行き開示手続きする方法、携帯電話から開示手続きする方法、郵送による開示手続きする方法などがあります。

例えば郵送による開示手続きをする場合は、下記のものが必要になります。

  1. 信用情報開示申込書
  2. JICCのサイトからダウンロードできます

  3. 手数料1,000円
  4. クレジットカード払いが定額小為替証書での支払いになります

  5. 本人確認書類
  6. 免許証や保険証など氏名・生年月日・現住所が確認できるものなら大丈夫です

申込書などを郵送すれば、開示結果の到着まで1週間から10日程度かかります。

意外と簡単に自分の信用情報を確認することができますので、自分のブラック情報(金融事故情報)がどうなっているかが知りたい人は、開示手続きをしてみるのも一つの手です。

ちなみにJICCだけでなく、CICや全銀協も同じように信用情報の開示ができます。

まとめ

過去に延滞や債務整理をしても、一定期間たてば、個人信用情報機関からその情報は消えています。

ブラック情報が消えているので、カードローンやクレジットカードなどに申し込んで、審査に通る可能性は十分にあります。

自分のブラック情報(金融事故情報)が消えているかどうかは、各個人信用情報機関に情報の開示手続きをすれば、自分の信用情報が見れます。


スポンサーリンク

スポンサーリンク