短期間に多数の消費者金融など申し込んでしまうと審査に落ちやすい状態になります。
この状態は「申し込みブラック」と呼ばれています。

申込ブラックもブラックリストの一種といってもいい状態で、審査に落ちる原因のひとつです。

「アコムに申し込んだけど審査に通るか不安だから、プロミスとSMBCモビット、ついでにレイクとアイフルにも申し込んでおこう」

「アコムで審査に落ちた。次はプロミスにも落ちた。審査に通るまでやろう。次はプロミス、SMBCモビット・・・」

このような人たちが申し込みブラックです。
短期間に何社も申し込みをしているような人が審査に通らなくなるのも当然ですよね。

今回は「申込ブラックになってしまっている人はどうすればいいか」という観点から、対処法などの説明をしていきます。

スポンサーリンク

カードローンの審査情報は何か月残るのか?

1ヶ月以内に3社以上の申し込みがあれば、申し込みブラックと判断されてしまいますが、このデータはいつまで残っているのでしょうか?
(1ヶ月以内に3社以上という基準は消費者金融など業者によって異なります)

金融事故情報が登録されている個人信用情報機関を調べてみましょう。

都市


JICC(株式会社日本信用情報機構)
「申込日から6ヵ月を超えない期間」
カードローンなどに申し込んだ日から6か月間登録されます。
CIC(株式会社シー・アイ・シー)
「照会日より6ヶ月間」
消費者金融などがCICにあなたの信用情報を見に行った日から6か月間されます。
全銀協(全国銀行個人信用情報センター)
「当該利用日から、本人開示の対象は1年を超えない期間、会員への提供は6か月を超えない期間」
銀行などが全銀協にあなたの信用情報を見に行った日から6か月間されます。
自分で情報を開示する分には1年間登録されます(銀行などは見れない)

「申込情報は6か月しか載せてませんので、6か月経てば銀行や消費者金融、クレジットカード会社からは見えなくなりますよ~」

簡単に説明するとこういうことですね。

(参考:JICCCIC全銀協

申し込みブラックが載っているわけではない?

疑問

「個人信用情報機関に申込情報が6か月載っている」

という話をしましたが、そこからわかるように申し込みブラックという情報が直接載っているわけではありません。
個人信用情報機関に「申し込みブラック」という項目はありません。

例えば、ある消費者金融がJICCとCICの情報を見ます。

「この人は1か月以内に3社に申し込んでいるからお金に困っているんだろうな」

「そう判断されて審査に落ちる」ということになります。

総量規制などの法律で「申し込みブラックの人に融資をしてはいけない」という決まりがあるわけではありません。

例えば、短期間に10社申し込みをした人に融資をしても業者目線で見れば問題ありません。

ただ、「申し込みブラック」の人は過去の統計からもお金を返してくれない確率が高いことが分かっていますので融資をしないだけです。

(参考:日本貸金業協会

「申し込みブラック」が消えるまで待つ

待つ

申込情報が6か月で消えるのであれば、消費者金融などに最後に申し込んだ日から6か月経てば、申込情報は何もないことになります。

申し込みブラックになっている人は、多数の申し込み情報が消えてから申し込みをするようにしましょう。

申込情報が残っていると、その時申し込んだ消費者金融を見れば審査に落ちたかどうかもわかります。

そんな状況で申し込んでも審査に落ちるだけなので、申し込みブラック期間中はおとなしくしておきましょう。

申し込みブラックで審査に落ちている人からすれば、「6か月何もしないで待つ」だけで、審査に通るようになる可能性が出てきます。

ただそれだけのことですが、申し込みブラックでなくなってから申し込みをするだけで格段に審査通過率は上がります。

申し込みブラックでも借りれる業者はないの?

申し込みブラックになっているくらいですから、お金には困っているのでしょう。

しかし、「申し込みブラックでも審査に通る可能性があるか」と聞かれると、「ごく一部しかありません」というしかありません。

お金

まず銀行は無理です。

消費者金融もプロミスなどの大手はかなり厳しいです。

申し込みブラックで困っている人は下記の記事を参考にしてください。

まとめ

個人信用情報機関に申込ブラックという項目はなく、「いつ、どこに申し込みをしているか」という情報があるだけです。

短期間に何社も申し込んでいることでお金に困っているように見えるため、問題視されているだけのことです。

申込情報はどの個人信用情報機関も6か月間しか保持しません。

自分が申込ブラックであるならば、6か月どこにも申込をしなければ申込ブラックは消えます。
そのあとでまた申し込みをすれば審査に通る可能性は上がります。


スポンサーリンク

スポンサーリンク