自分がブラックリストではなくても、「自分の親や兄弟がブラックリスト入りしているから」と悩んでいる人は多いようです。

自分がクレジットカードを作ろうとすると、親から「実は自己破産をしている」などと打ち明けられた人は少なくありません。

しかも「親がブラックリスト」の場合のデメリットなどは学校では全く教えてくれません。
ネットで調べてみると、いろいろな情報がありどれを信じていいのか分からない。

申し込み先であるクレジットカード会社や消費者金融や銀行は当然教えてくれません。
友達に聞くわけにもいかないので不安だけが募ります。

では、こういった不安は解消させてしまいましょう。

自分の親や兄弟がブラックの場合、子供などの親族もブラック扱いになるのでしょうか?

スポンサーリンク

親のブラックリストは子供に引きつがれるか?

親子

基本的には、親がブラックリストだからといって、子供もブラックリストになることはありません
兄弟がブラックの場合も同様です。

よくテレビなどで、「親の借金を引きついだ」などの場面を見ることがあります。
そのイメージでブラックリストも引きつがれると思う人がいるのかもしれません。

何度も言いますが、実際にブラックリストというものはありません。

JICCやCICなどの個人信用情報機関にある金融事故情報(延滞・債務整理・多重申込みなど)を見て、銀行や消費者金融、クレジットカード会社などが、この人はブラックだと判断しているにすぎません。

クレジットやローン等の審査は、申込書に記載された情報や個人信用情報機関に登録されている情報など、様々な情報を基に、申し込み先のクレジット会社や金融機関により総合的に判断されます。
(引用:日本クレジット協会

情報

例えば親が自己破産をした場合、親の信用情報には自己破産の情報が載ります。
しかし当然ながら、子供の信用情報には何も書かれません。

これが兄弟や親族などでも同様です。
信用情報の観点から見れば、本人以外は完全に無関係といえます。

ブラックリストが引き継がれることはありませんので安心してください。

親がブラックリストで自分が学生や未成年なら注意

しかし、「審査と無関係か」と聞かれたら、全く無関係とは言えません。

例えば、親がブラックで子供が未成年や学生の場合は注意が必要です。

未成年の場合、クレジットカードを作るにしてもローンを申し込むにしても、親の同意が必要になります。

各貸金業者によって審査基準に違いがありますので一概に説明することできませんが、未成年者は原則として親権者等の同意が必要となります。
(引用:日本貸金業協会

ここで親がブラックであれば、審査に落ちるケースがでてきます。

特に、未成年で学生、さらに無収入の場合は親を審査することになります。
ここで親がブラックであれば審査には通りません。

高級車(ベンツ)

「うちの親は大手企業の部長だから年収も高いし、ブラックでも大丈夫なのでは?」

そういう風に考える人もいるでしょう。
しかしそれは自分の都合のいいように考えているだけです。

社会的立場が高く、年収も高い。
しかし残念ながら、ブラックリストという理由で審査落ちしている人はたくさんいます。

子供が未成年で就職している場合の審査

では、子供が未成年だったとしても就職しているケースではどうなるのでしょうか?

例えば、19歳でも勤続年数が1年になる人もいるでしょう。

このような人は、通常であればクレジットカードやカードローンの審査にも通ります。

会社員

しかし「親がブラックリスト」の場合、絶対ではありませんが審査に通らないケースも出てきます。

通常は申込者がサラリーマンなどで働いている場合、申込者本人だけを審査します。
銀行、消費者金融、信販会社は申込者の信用情報しか見れません。
(参考:経済産業省

勝手に親の信用情報を見ることは法律違反になりますし、リスクがあまりにも高いために絶対にしません。

親がブラックかどうかを判断する場合、個人信用情報機関で親の信用情報を見ない限り分かりません。

ですが、親がブラックということで審査に落とされるケースはまだあります。

親のブラックがバレるケース

未成年の場合、親の同意が必要になりますので、実家の連絡先などの親の情報も書く必要があります。

クレジットカード会社や消費者金融などは、自社のデータベースに申込者の実家の住所や電話番号で検索します。
そこでヒットしてブラックであることがわかれば、申込者に問題がなくても審査に落とすことがあります。

個人信用情報機関で検索することはできませんが、自社のデータを調べることならできます。
つまり親が社内ブラックになっているため、それが理由で審査に落とされたというわけです。

悲しむ人

社内ブラックに関しては「社内ブラックだと審査に通らなくなるのか?」で解説していますので、参考にしてください。

このようなケースの場合、少し対策を立てる必要があります。

社内ブラック対策

対策と言っても、親が金融事故を起こした消費者金融やクレジットカード会社に申し込まなければいいだけです。

親がオリコで金融事故を起こしたのであれば、オリコではなくジャックスに申し込むだけです。
オリコには親の金融事故情報がありますが、ジャックスにはないからです。

消費者金融やクレジットカード会社は、個人信用情報機関で申込者の親の信用情報を勝手に見ることはできません。

つまりジャックスから見れば、自社にデータがない時点で、親の信用情報を調べることはできないというわけです。

そこで親のデータが何もなければ、あとは申込者の属性次第となります。
そうすれば、無駄に審査に落ちることはありません。

まとめ

今回細かい点まで説明しましたが、基本的には親がブラックリストでも子供には関係はありません。

親の信用情報を業者が勝手に見ることはできませんので審査に影響はありません。

ですが、「子供が学生や未成年の場合は注意が必要なケースがある」というだけです。

「子供が無収入」や「親が過去に金融事故を起こした業者」など親が審査されることがなければ、親がブラックリストであっても心配ありません。


スポンサーリンク

スポンサーリンク