今現在クレジットカードを利用している人は多いと思います。その中で、支払いが楽だからという理由でリボ払いをしている人も多いでしょう。

しかし、そんな便利なリボ払いも注意が必要です。気がついたら借金地獄ということになりかねません。

リボ払いとは?

リボ払いと一般的に呼ばれていますが、正式名称は「リボルビング払い」といいます。

毎月あらかじめ決められた額をクレジット会社に支払う、というクレジットカードの支払い方法のひとつです。この決められた額というのは、クレジットカード会社によって異なります。

リボ払いを利用することによって、月々の支払いが一定になるので、一括払いに比べて毎月の家計の負担は少なくてすみます。

しかもだいたい月々1万円など、比較的小額で利用しやすいといえます。そのため、リボ払いにしている人は意外に多いです。

支払残高が一定額を超えた場合に、毎月の支払額が上がるクレジットカード会社もあります。例えば利用額が10万円以内なら5千円、20万円以下なら1万円などです。

この利便性がリボ払いの人気ともいえます。

リボ払いに注意が必要な理由

リボ払いは便利な反面、注意が必要です。

リボ払いは、無計画に利用すると、気がついたら借金地獄に陥っていることもあるからです。

分割払いの場合、商品を購入したときに、支払回数を設定すると思います。3回払いであれば、来月、再来月、その次の月まで請求がきて終わりです。

リボ払いの場合は、いつまで支払い続けるかが分かりづらいのが難点です。

さらに、買った商品の代金を払い終えないままに、また次の商品を買ったりするので、無計画にリボ払いをすると支払残高だけが積み重なっていきます。

しかし、支払残高はそのままのケースもあります。そうなると利息分も高くなりますから、元金が減りません。毎月支払いをしているのにほとんど借金が減らないということが起きてしまいます。

元金も減らず、支払残高がある限り請求がきますので、文字通り借金地獄になります。

そして元金が減っていないので、クレジットカードの限度額いっぱいになり、クレジットカードは使えなくなります。

こうなると、そのクレジットカードは使えないのに、延々とリボ払いを続けることになってしまいます。

これは、特に買い物好きで無計画な女性に多い借金トラブルです。

リボ払いには絶対にしないほうがいいのか?

では、絶対にリボ払いは利用しないほうがいいのでしょうか?

私個人の意見ですが、あまりおすすめはしません。しかし、リボ払いの仕組みをちゃんと理解した上で、リボ払いを利用するのであれば、問題はありません。

リボ払いは、月々の支払額が少なく、金銭的な負担が少なく感じるため、借金という感覚が薄いです。しかし、立派な借金です。

リボ払いをしていて元金が減っていないような時は、支払残高の一部や残り全額を繰り上げて支払いといったことをしていかないと、いつまでたっても借金地獄から抜け出せません。

クレジットカード会社のキャンペーンで「リボ払いにすればポイントが2倍!」などと言われても、計画的に支払っていくことができない人の場合、リボ払いはしないほうが無難だと思います。

まとめ

リボ払いは、月々の支払額が少ないため、クレジットカードの支払方法としては、非常に利用しやすい方法です。しかし、元金が減っていないケースもあるので注意が必要です。

元金が減っていないと、支払いは続けているのに、借金は減りません。要は利息だけ支払っているような状態になります。

クレジットカード会社のキャンペーンなどで、「リボ払いがお得」などと言われても、できるだけしないほうが無難です。「私は自分で管理がきちんとできます」という人であれば、リボ払いを利用してもいいと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク