基本的にブラックリスト入りしている人は、クレジットカードを作ることはできません。

「作ることができない」というよりは、「クレジットカードの審査に通らない」といったほうがいいかもしれません。

そうは言ってもクレジットカードがある生活に慣れてしまうと、カードがないととても不便です。

ネットでの決済もそうですし、持ち合わせがないときにはクレジットカードはとても便利です。

「ブラックリスト入りしていてもクレジットカードがほしい」と思うのも当然かもしれません。

では、ブラックであれば絶対にクレジットカードの審査に通ることはないのでしょうか?

スポンサーリンク

審査に通る可能性はゼロではない

実は、ブラックリスト入りしている人が、絶対に審査に通らないわけではありません。

法律でブラックは審査に落とさないといけない決まりがあるわけでもありません。

だからと言って、クレジットカード会社は慈善事業ではありませんので、基本的にブラックは審査で落とします。

では、「ブラックリストに載っていても審査に通る可能性はゼロではない理由」とは何なのでしょうか?

実は、「審査に通る可能性があるブラック」と、「絶対に審査に通らないブラック」があります。

審査に通る可能性があるブラックとは?

ブラックであれば、基本的にクレジットカードの審査には通りません。

しかし、審査に通る可能性があるブラックもあります。

ブラックというのは信用情報機関である「CIC」「JICC」「全銀協」に異動情報が載っていることです。

この異動情報は「未払い分(借金)を完済する」か「債務整理をする」ことで消えます。消えるといっても、CICとJICCなら5年間、全銀協なら10年経過しないと消えません

この異動情報が消えてから申し込めばいいのですが、5年~10年というのはなかなかに長い期間です。

「もっと早くクレジットカードがほしい!」

そう考える人が多いのも事実です。なので、まずは「未払い分(借金)を完済する」か「債務整理をする」などをして、「現状の借金問題はカタがつきました」と言えるようにしてください。

そうすれば、クレジットカードの審査に通る可能性が出てきます。

とはいえ、通常のクレジットカード会社はブラックであれば審査に落とします。

この状態で審査に通るのは、ごく一部のクレジットカードだけです。

ブラックでも作れるクレジットカードはこの2枚

もう一度言いますが、ブラックの状態で審査に通るクレジットカードはごく一部しかありません。

その中でも代表的なのはこの2枚です。

アメリカンエキスプレスカード(アメックス)

そのひとつがアメリカンエキスプレス、通称アメックスです。

ブラックでも審査に通ったという口コミをネットで見ることがありますが、やはりアメックスの名前がよく出ます。

しかし、注意が必要なのは、ブラックでもアメックスの審査に通った人がいるからといって、アメックスの審査が甘いわけではありません。

アメックスの審査は「現在の支払い能力」を見て判断してくれます。しかし、ブラックでも審査に通るような人は、属性がかなり高いことが多いです。

現在年収が高いなど、自分の属性に自信がある人はアメックスをおすすめします。

アコムマスターカード

自分の属性に自信がない人は、アコムマスターカードがいいと思います。アメックスに比べれば、審査のハードルは低いといえます。

ブラックでも審査に通る可能性があるクレジットカードといえば、アコムマスターカードです(アコムに迷惑をかけていなければの話です)

とはいえ現在ブラックである以上、「あくまでも審査に通る可能性がある」ということを忘れないでください。

ブラックの人がクレジットカードをほしい場合は、デビットカードを持つのが一般的です。

どうしても通常のクレジットカードがほしいのであれば、アメックスやアコムマスターカードに挑戦するのもひとつの手です。

まとめ

ブラックであるならば、通常はクレジットカードの審査には通りません。デビットカードを使うのが一般的です。

しかしブラックでもクレジットカードの審査に通る可能性はゼロではありません。

「借金を完済済みである」、もしくは「債務整理をした」など、借金問題が解決している人にだけ審査に通る可能性があります。

とはいえブラックである以上、あくまでも審査に通る可能性があるというレベルということを忘れないでください。

そのことを頭に入れたうえで狙うクレジットカードは、「アメックス」と「アコムマスターカード」です。

アメックスを狙うなら高収入であるなど属性がいい人、自分の属性にあまり自信がないならアコムマスターカードを狙いましょう。


スポンサーリンク

スポンサーリンク