「父親が事業に失敗して借金を残したまま逃げた」とか「ギャンブルで重ねた借金をそのままにして行方不明になった」という話を良く聞きます。

このようなケースでは借金の取立ての電話が親族である子供にかかってきます。
「父親が行方不明で子供の自分も連絡がつかない」と話したとしても、しつこく電話がかかってくると思います。

場合によっては「あんたの親の借金なんだから子供のあんたが代わりに借金払え」と言われることもあるようです。
厄介なことに、親族間でもこのような問題は起こります。

親がした借金は、子供が払わなくてはいけないのでしょうか。そして、どう対処すればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

親の借金を子供は払う義務はない

拒否する

借金返済の義務を負うのは、お金を借りた本人とその保証人だけです。
子供には親の借金を払う義務はありません

親の借金の保証人になってない限りは、借金の返済義務はありませんので強気に断って問題ありません。

これは「貸金業法」にも明記されています。

債務者等以外の者に対し、債務者等に代わつて債務を弁済することを要求すること。
(引用:貸金業法 第二十一条

たとえ血のつながった子供でも債務者等以外の者となりますので、子供に借金返済をせまるのは法律違反です。

親が勝手に子供を保証人にしていた場合

子供

中には、親が勝手に子供を保証人にしていることがあります。
貸金業者は「契約書の保証人の欄にあなたの名前がある」と言ってくるでしょう。

通常は借金の保証人になっていれば、その借金の返済義務はあなたにあります。

しかし、あなたが保証人になることを同意してない場合はどうでしょうか。

親が勝手にあなたを保証人にしていた場合は、あなたに保証人としての責任はありません。

いくら貸金業者から取り立てられたとしても、あなたはそれを拒否することができます。

よくテレビで「親の借金のカタに娘が売りに出される」などがありますが、あれは完全に法律違反です。
何度も言いますが、子供に親の借金の返済義務はありません。

書類上の不備がなければ

署名する

親が勝手にあなたを保証人にした場合、本来はあなたにその借金を払う義務はありません。

ですが借用書にあなたのサインに実印、さらにあなたの印鑑証明まであれば業者側はあきらめないでしょう。

「親が勝手に私の名前で借金をした」とあなたが言ったとしても、「ウソをついて借金を払わないようにしている」と言われる可能性もあります。

こうなってしまっては、裁判で証明する必要も出てきます。

簡単に説明するとこの流れです。

  1. 返済義務がない旨の内容証明を送る
  2. 業者が納得しないなら裁判

内容証明は自分で作成して送ることはできます。
ですが裁判となると、数か月単位での戦いになるので弁護士に依頼したほうがいいでしょう。

支払い義務ないからと言って、ほっておいたり、電話などで業者と直接やり取りするのはよくありません。すぐに、業者に対し、保証人になった覚えがないこと、支払いを拒否すること及び今後請求をしないよう求めることを内容証明郵便で通知しておきましょう。
(引用:兵庫県弁護士会

そもそも自分で払えないほどの借金であれば、親自身がすぐにでも自己破産すべきです。
そういうことをせずに子供に迷惑をかけていること自体がおかしいことなのですが、このような問題は後を絶ちません。

親が借金を残して亡くなった場合

願い

親が借金を払わないまま亡くなった場合はまた違う問題が発生します。

その問題とは「相続」です。

一般的に相続というと「お金持ちが亡くなった時に子供に多額の財産を残す」というイメージが強いですが、借金も同じように子供に引き継がれます。

親が亡くなった場合、銀行口座にある預金や家などの不動産などの資産だけでなく、借金というマイナスの負債も相続されてしまいます。

親の資産よりも、借金など負債が多い場合は「相続放棄」したほうがいいでしょう。
相続放棄すれば親の借金を受け継ぐことはありません。

注意が必要なのは、親が亡くなり相続することが分かってから3ヶ月以内に相続放棄などの手続きをとる必要があることです。

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
(引用:貸金業法 第九百十五条

何もせず3ヶ月経過してしまうと「単純相続」したと判断されてしまいます。

この場合は親の借金を相続してあなたの借金になります。
そうなると、その借金は子供であるあなたが払うことになりますので注意してください。

まとめ

親の借金の返済義務は子供にはありません。
その子供が未成年だとしても、成人してたとしても関係ありません。

親の借金の返済義務があるケースは、その借金の保証人になっている場合と、その借金を相続した場合です。

ですが金額が大きい場合など、あきらかにトラブルになりそうな場合は弁護士などの専門家を入れておくことも検討しましょう。
払わなくていい借金を押し付けられないためにも。


スポンサーリンク

スポンサーリンク