今までカードローンを利用したことがない人にとって、消費者金融はあまりイメージのいいものではないようです。

しかし、急にお金が入り用になってカードローンを利用したい。でも、消費者金融は金利が高いし、怖い・・・。

そういう人には楽天銀行のカードローンをおすすします。

楽天銀行スーパーローンとは、楽天市場などで有名な楽天が運営する銀行のカードローンです。

みずほ銀行や三菱UFJ銀行などのメガバンクに比べれば、カードローンの知名度は低いかもしれません。

しかし、メガバンクのカードローンに負けないメリットも多くあります。そんな楽天銀行スーパーローンを下記に説明していきます。

  • 限度額:500万円
  • 年利:4.9%~14.5%
  • 返済期間:1年ごとの自動更新

楽天銀行スーパーローン公式ページ

楽天銀行スーパーローンのメリット

消費者金融に比べて有利な点は、やはり金利の低さでしょう。特に、100万円以下の金利が14.5%なので、どの消費者金融よりも金利が低いといえます。

カードローンを利用するなら、金利が低いところから借りるのは当然です。銀行系のカードローンを選ぶには、楽天銀行スーパーローンはやはりメリット大です。

審査のスピードもメガバンクのカードローンよりも、早いという口コミも多いです。

特に利用者に人気な点が、「限度額300万円までの申込なら、収入証明書は原則不要」という点です。

消費者金融の場合は、「収入証明書を必ず提出」か「限度額50万円までの申込なら、収入証明書は原則不要」のどちらかのケースが多いです。

この点は、楽天銀行スーパーローンのメリットだと思います。

ただし、個人事業主および法人代表者の場合、必要となります。審査の結果提出が求められることもあります。

それから、銀行系なので「総量規制の対象外」という点もポイントです。

年収の3分の1以上の借り入れがある人は、消費者金融からは借りることができません。(※おまとめローンなどは別)

総量規制対象の人や、大口融資を希望している人に向いています。

他にもメリットを挙げるなら、「専業主婦にも融資可能」という点もあるでしょう。専業主婦の場合、限度額は最大50万円ですが、消費者金融の多くは「専業主婦NG」ですので、メリットとして挙げました。

それから、楽天銀行スーパーローンは借換え(おまとめローン)にも対応しています。おまとめローン希望の場合、申込フォーム内の入力項目【目的】は、「借換」を選択してください。

楽天銀行スーパーローンのデメリット

審査のスピードがメガバンクよりも早い点はメリットですが、消費者金融に比べるとやはり負けてしまいます。

消費者金融の審査は、最短即日を売りにしています。

楽天銀行スーパーローンの場合、審査にかかる時間は「通常当日~2営業日かかります」と公式サイトでも説明されています。

審査スピードでいえば「消費者金融>楽天銀行スーパーローン>その他銀行系カードローン」となるでしょう。

他には「必ず在籍確認が必要」という点もデメリットでしょうか。とはいえ、銀行系カードローンや消費者金融であっても、ほとんど「在籍確認必須」です。

どうしても電話確認が嫌な人はプロミスを利用すべきでしょう。当然ながら、楽天銀行スーパーローンよりは金利は高くなります。

楽天銀行スーパーローンの審査について

楽天銀行公式ページに下記の記載があります。

以下の全ての条件を満たす方

(1)満年齢20歳以上62歳以下の方(※)
(2)日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
(3)原則、毎月安定した定期収入のある方、または、主婦の方
(4)楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方
※ 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下

審査の甘さという点で見ると、一概には言えませんが下記のようになります。

消費者金融>楽天銀行スーパーローン>その他銀行系カードローン

ネットの書き込みなどで、「楽天銀行スーパーローンの審査は甘い」と書かれているのを見ることがあります。

しかし、残念ながら審査は甘くありません。

一昔前は、楽天銀行スーパーローンにも審査が甘い時期はあったようです。

その頃は、「顧客を増やすために甘くした」という説がささやかれていました。それに当時は審査のノウハウがまだ確定されていないようだったとも言われています。

しかし現在は、そのようなことはありませんので、「楽天銀行スーパーローンの審査は甘い」という幻想は抱かないほうがいいと思います。

ですが、極端に厳しいわけでもありません。「他のメガバンク系カードローンで審査に落ちてけど、楽天銀行スーパーローンは審査に通って50万円借りれた」などのクチコミも多くあります。

次に信用情報機関についてです。

加盟する信用情報機関は全銀協です。それに保証会社のセディナが加盟しているのがJICC、CICなので、全部の信用情報が見られると思ってください。

つまり「ブラックはNG」です。ブラック明けでも、過去に楽天カード株式会社や、株式会社セディナでブラックになった人は通りません。

あと「過去6ヶ月以内に楽天銀行に申込みをして審査落ちした人」も審査に通りません。以前楽天銀行に申し込みをして審査落ちした人は、必ず6か月以上経過してから申し込んでください。

それから、在籍確認は必ずあります。在籍確認の電話は、勤務先に非通知設定・担当者個人名で連絡されます。

※勤務先の人から社名を尋ねられた場合、「楽天銀行の○○(担当者名)」と伝えるようになっています。

まとめ

限度額300万円までの申込なら、収入証明書の提出は原則不要です。しかし審査の結果必要になるケースもあります。個人事業主および法人代表者の方は必須になります。

パート、アルバイトでも申込できます。専業主婦も可ですが、限度額が50万円となります。

総量規制対象外なので、年収の3分の1以上の借り入れがある人でも申込できます。消費者金融よりも大口融資に向いています。

口コミ上では、借入額ではなく、借入件数が多い人は審査落ちしている人が多いようです。

入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントプレゼント。利用残高によって30,000ポイントもらえます。合計で最大31,000ポイントもらえます。

楽天銀行スーパーローン<詳細>


スポンサーリンク

スポンサーリンク