「審査が通りやすくて即日融資ができる消費者金融を探している」

そういった人は多いです。
しかしそのような条件に当てはまる消費者金融はそう多くはありません。

今回は、その条件に比較的当てはまる「消費者金融キャレント」について説明していきます。

スポンサーリンク

消費者金融キャレントとは?

キャレントは、株式会社IPGファイナンシャルソリューションズが運営する中小の消費者金融です。

本店の住所は東京都品川区にありますが、店舗を持たないネットキャッシング専門の消費者金融なので実店舗はありません。

以前は株式会社eカードという社名でビジネスローンを中心に融資を行っていました。
それから社名を変更し、キャレントとしても運営するようになってからは個人にも融資をするようになりました。

キャレント

キャレント公式サイト


  • 限度額:300万円
  • 実質年率:7.80~18.00%
  • 返済回数:1~120回
  • 融資時間:最短即日

キャレントはヤミ金ではないのか?

キャレントは金融庁に貸金業登録している正規の消費者金融です。
闇金ではありません。

  • 貸金業登録番号:東京都知事(3)第31399号

気になる人は金融庁(登録貸金業者情報検索サービス)で検索してください。

分かりにくい点がひとつあって、キャレントを運営しているのは「株式会社IPGファイナンシャルソリューションズ」という点です。
そのことを覚えておけば探すときに見つかりやすいです。

それから、キャレントは日本貸金業協会には加盟はしていないようです。
金融庁にはしっかり登録されているので闇金ではありませんが、人によっては不安と感じるでしょう。

日本貸金業協会への加入は義務づけされているものではありません。
実際、中小消費者金融業者の加入率は6割程度なので、未加入だから問題があるわけではありません。

「日本貸金業協会に未加入」という点が気になるかどうかです。

キャレントの審査は甘いのか?

キャレントは大手消費者金融と比べると審査のハードルが低く、甘いといえます。

個人向け融資をする前から、会社経営者向けのビジネスローンでの実績がありますので、個人事業主の人も相談してみるといいでしょう。

安定した収入があればパート、アルバイト、派遣社員、契約社員、自営業の人も申し込み可能です。

パート・アルバイトの人が審査に通っている口コミを多く見かけます。

キャレントは総量規制対象なので年収の3分の1以上の借り入れがある場合は審査に通りません。

失業中で無職の場合も審査には通りません。

「ネット借入れ診断」というコンテンツがありますので、申し込みをする前に試してみましょう。
ここで「判断できませんでした」と出るようでしたら、申し込みをさけたほうが無難です。

ブラックリストでも審査に通る?

正直な話、キャレントはブラックリストの人には寛容ではありません。

口コミを見てもブラックの人が審査に通っているケースは少ないです。

ブラックの場合は、他社に申し込むことをおすすめします。

在籍確認はある?

会社の電話

キャレントは在籍確認はあります。

仮審査が通ったら、勤務先に在籍確認の電話があります。

担当者の個人名でかけてきますので、消費者金融からの電話とはバレにくいです。

申込者本人と確認できるまで、自分が消費者金融であるとは名乗りませんので安心してください。

もし、この在籍電話の電話に出れない場合でも申込者が働いていることが分かれば、在籍確認はOKとなります。

キャレントで即日融資してもらえるか?

キャレントは即日融資ができる数少ない中小消費者金融のひとつです。

平日の午後14時までに申し込みを済ませておく必要があります。
午前中に申し込みを済ませておくほうがいいでしょう。

即日融資のためには、FAXで必要書類を送ることが大前提です。

自宅にFAXがない場合は、コンビニのFAXを利用することが一般的です。

「午前中に申し込んでその日のうちに振り込まれた」といった口コミもよく見ます。

まとめ

キャレントは大手よりも審査のハードルは低いですが、ブラックの人は審査に通りません。
過去の債務整理でブラックの人はライフティなどに申し込んだほうがいいでしょう。

キャレントの一番のメリットは即日融資に対応している点なので、中小消費者金融で早くお金を借りたい人に向いています。


スポンサーリンク

スポンサーリンク