妻が頻繁に利用していたクレジットカードでの買い物の利用残高が積み上がってしまったことから、事は始まっていきました。

キャッシングで自転車操業状態

複数のクレジットカードでの買い物によって、当然毎月の支払いがかさむようになり、毎月の収入だけでは、支払いにお金が足りなくなっていました。

当時、妻は私に内緒で、安易にクレジットカードのキャッシング枠を利用したキャッシングで、なんとかお金を回していたのです。

それも幾つものクレジットカードのキャッシング枠を利用していました。

その事実が分かったのが、私がいつも利用していたガソリン給油に使うクレジットカード会社から、キャッシングの利用状況について、連絡があったことでした。

キャッシングを利用していますが、今のキャッシング枠の利用では、金利が高いので、キャッシング専用のローンカードを契約しては、いかがでしょうかというものでした。

おまとめローンを利用したいが

買い物での、複数のクレジットカード利用、更に複数のクレジットカードのキャッシング枠利用の状況を把握した私は、妻と話し合い、どこか限度額の大きなカードローンを申込み、いわゆる「おまとめローン」をしようと決めました。

インターネットで検索し、色々な消費者金融系のカード会社へ申込みをしました。

しかし、クレジットカードのキャッシング枠の利用が多すぎる為に、なかなか審査が通りませんでした。また、審査が通っても限度額を50万円程に設定していたので、まとめるには足りませんでした。

あるカード会社の担当者からは、実家の不動産を担保に入れて、担保型のローンを検討されてはどうかとも、言われてしまいました。

当時の私は、30代後半。勤め先での勤続も15年を超えていて、年収も500万円以上ありました。

属性としては、決して悪いものではないと思いましたが、審査が通らない原因は、クレジットカードのキャッシング枠の利用の多さにつきると考えました。

そのため、このまま申込みを続けても、申込みブラックになるだけと考え、生活は厳しいですが、一旦申込みをあきらめました。

楽天銀行の審査に通る

そして、ことの次第を両親に話し、キャッシング枠で借入している残高、150万円だけを工面してもらえることになったのです。

それにより、キャッシング枠の残高を一括返済しました。

申込みブラックにもなっているだろうと考え半年ほど開けた後、今度は、銀行系のカードローンへ申込みをしたのです。

そこで、審査が通ったのが、楽天銀行のスーパーローンでした。限度額は300万円、金利は7.1%でした。

そのカードを利用して、買い物のクレジットカード利用残高、200万円ほどをおまとめしたのです。

キャッシング利用のおまとめは、叶いませんでしたが、クレジットカード利用のおまとめが叶った状況です。

楽天銀行スーパーローン<詳細>


スポンサーリンク

スポンサーリンク