今まで1度もカードローンを利用したことない人と、何度もカードローンを利用したことがある人では、カードローンの審査にどちらが有利でしょうか?

一般的な考えとしては、今まで1度もカードローンを利用したことない人のほうが審査に有利になるような気がすると思います。

なぜかというと、「今までカードローンを利用してないくらいなので、お金に困っていなかったのではないか」と判断することができるからです。

そう考えると、消費者金融を利用したことがある人は不安になるかもしれません。

しかしカードローンの審査では、カードローン経験者が審査に有利になるケースもあります

消費者金融を利用したことがあるからこそ、評価されるケースもあります。その理由を説明していきます。

スポンサーリンク

カードローン経験者が審査に有利な理由

まず第一に、「銀行や消費者金融に対して返済実績がある」ということが挙げられます。

つまり、「お金を貸し出したとしてもきちんと返済してくれる」と判断されるというわけです。この返済実績は長いほうがさらに有利になります。

1年以上一度も遅れることなく返済をしていれば、審査に有利になるといえます。この返済実績は個人信用情報機関に登録されている情報を見ればわかります。

個人信用情報機関の返済実績は5年間残りますので、その5年間にカードローンを利用して、確実に返済している実績があれば、評価されます。

個人信用情報機関の返済実績というと何か固い感じがするので、もっと噛み砕いた表現にしてみます。

「あの人に2年前100万円貸したけど、毎月遅れずに返済してもらって、残りあと20万円だよ」

といった情報が個人信用情報機関の情報を見ればわかります。

それを銀行や消費者金融が見てこのように判断します。

「ああ、あの人は毎月一回も遅れずに返済している人なんだな。借りているのもあと20万円なんだな。この人は信用できそうだ」

このような場合、個人信用情報機関に返済実績が残っていることで、審査にプラスに働きます。

カードローンを利用したのが5年以上前の場合は、個人信用情報機関にも返済実績の情報がありません。この場合は、利用実績なしと判断されます。

以前利用したことがある銀行や消費者金融であれば、利用実績は何年前であっても残っていると思いますので、プラスの判断材料にされる可能性は十分にあります。

カードローン経験者が審査に不利になるケース

ここで注意が必要なのは、返済実績は長いほうがカードローン審査で有利なのですが、現在の借り入れ額が多すぎると審査に不利になります。一言で言えば借金は少ないほうがいいというわけです。

さらに借り入れ件数も少ないほうが有利です。

例えば同じ100万円の借り入れがあったとしても、消費者金融1社だけから借り入れている場合と、消費者金融5社から借り入れをしているのでは、全く違います。

当然、消費者金融1社だけから借り入れている場合のほうが、審査に有利です。他社借り入れ件数が少ないほうが信用力が高くなります。

今現在借り入れ件数が多い人は、1社でも減らすことによって、審査に通る可能性が確実に上がります

それから、総量規制の影響があるので、年収の3分の1以上の借金がないかチェックしてください。もし年収の3分の1以上お金を借りているとすれば、消費者金融はお金を貸せません。

なので、今の自分の年収の3分の1がいくらかを計算して、現在の借金がそれ以上ないかチェックした上で、問題ない場合に申し込みましょう。

以前少し説明しましたが、年収の3分の1以上借り入れがある場合でも、今ある借金をまとめることが目的であれば、消費者金融は融資をしていいことになっています。

その場合は、「おまとめローン」のある消費者金融を狙うことをおすすめします。

おまとめローンを利用する際は、今よりも低金利でまとめることは大原則です。後々の借金を減らすという意味でも金利が低いローンを選んでください。

まとめ

一度もカードローンやクレジットカードなどを利用したことがない人が、審査で有利とは言えない理由が分かったと思います。

「自己破産などをして信用情報機関に情報がないのではないか?」と疑われることがあるからです。

カードローンなどの借り入れは、ないに越したことはありませんが、まじめに返済し続けていればプラス評価を得ることもできるのもわかってもらえたと思います。

利用していた消費者金融や銀行、信用情報機関に返済実績があるので、「この人はちゃんと返済する人」という評価が得られます。

そのため、今まで全くカードローンなどを利用したことない人より評価が高くなることがあるからです。

しかし年収の3分の1以上の借金がある場合は、消費者金融の審査は通りません。その場合は銀行のカードローンを申し込むか、おまとめローンを申し込んでください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク