総量規制の影響で、消費者金融では年収の3分の1以上の借り入れはできなくなりました。

なので、「いくら借り入れがあるか?」というのは、カードローンの審査で非常に重要な項目になってきます。

それと同じく、カードローンの審査で重要視される項目があります。

それが、「他社借入件数」です。

他社借入件数とは、何件の消費者金融から借入をしているかということです。

実はこの他社借入件数が、審査でかなり重要な項目になっています。これだけで審査に落とされるほどに。

スポンサーリンク

審査で重要視される他社借入件数

ではなぜ、他社借入件数がカードローンの審査で重要視されているのでしょうか?

子犬

実は他社借入件数という項目で申込者がどの程度お金に困ってる人なのかが判断されます
申込者にどのくらい信用度があるかを借り入れ件数の数で判断しているというわけです。

例えば下記の2人がいるとしましょう。

  • Aさん:消費者金融1社から100万円借りている
  • Bさん:消費者金融5社から100万円借りている

AさんとBさんは、年収や勤め先などのその他の属性は全く同じとして、その他特に問題のない状態とします。

あなたがもし、消費者金融の審査担当者ならば、AさんとBさんのどちらに融資をするでしょうか?

・・・

答え合わせしますと、ここでの正解はAさんとなります。

属性は問題ないはずだけど

消費者金融は審査でこのように判断しています。

Judge


Aさん(1社から100万円借り入れ)
「他社では属性が高く返済実績など何も問題ないから多額の融資をしたのだろう。うちも融資して問題ないな」
Bさん(5社から100万円借り入れ)
「属性は問題ないはずだけど、他社が少額しか貸していないのはおかしい。何か問題あるのか」

つまり「1社から100万円借りているAさん」と「5社から100万円借りているBさん」では、信用度が全く違ってくるというわけです。

そもそも、消費者金融や銀行では「他社借入件数は何件まで」という決まりがあるようです。

ちなみにカードローン申込時に、他社借入件数をごまかして書いても信用情報機関の情報を見ればバレます。
それだけで審査に落ちますので絶対にやめてください。

現在はスコアリングシステムによって点数付けされますので、単純に他社借入件数が多いと点数が低くなります。

他社借入件数は何件までOK?

「大手消費者金融のA社なら他社借入件数は3件まで」「中小消費者金融のB社なら他社借入件数は5件まで」というように消費者金融によってそれぞれ独自の基準があるようです。

体験談

個人的に募集した体験談を見ると、大手消費者金融よりも中小消費者金融のほうが借入件数が多くても審査に通っています。

そういう意味で言えば、中小消費者金融のほうがカードローンの審査は甘いと言えます。

現在の借入総額に多少余裕があっても、借入件数が多いことが原因で審査に落ちることはよくあるので注意してください。

先ほども説明した通り、他社借入件数が多いとスコアリングシステムで低い点数をつけられてしまいます。

しかし、「他社借入件数は何件までOK」という情報はどの消費者金融や銀行なども公開しておりませんので、他社借入件数の許容範囲が広い消費者金融は自分で探す必要があります。

ちなみに「他社借入件数が何件以上だと融資してはいけない」といった法律はありませんので、判断するのは業者次第です。
(参考:日本貸金業協会

他社借入件数が多い人はどうすればいいのか

他社借入件数が少ないのであれば大手消費者金融に申し込んでもいいと思いますが、他社借入件数の多い人は中小消費者金融を狙ったほうがいいと思います。

他社借入件数が多いと、まずカードローンの審査には通りません。

JICCのデータを見てもわかるように、借入件数が増えるほど審査に通らなくなっていきます。

ちなみにこの他社借入件数というのは、消費者金融のキャッシングやカードローンの借入件数ことをいいます。
住宅ローンや銀行のカーローンなどは含まれません。

住宅ローンや自動車ローン(※)は、総量規制の適用除外となっています。したがって、住宅ローンや自動車ローンがあるため、借入残高が年収の3分の1を超えていたとしても、総量規制には抵触しません。
(引用:金融庁

銀行のカードローンや、中小の消費者金融のカードローンすら通らない人は、まずは他社借入件数を減らす必要があります。

笑顔

この場合、「おまとめローン」を利用するという選択肢があります。

おまとめローンを利用して、他社の借り入れをまとめることができれば信用情報の評価も高くなります。

銀行のおまとめローンが金利も低いのでおすすめですが、他社借入件数が多いと審査に通りません。

おまとめローンなら消費者金融でも年収の3分の1を超えて融資できますので、おまとめローンを売りにしている消費者金融に申し込むのもおすすめです。

他社借入件数が少ない人は銀行、他社借入件数が多い人は消費者金融と使い分けをしたほうがいいと思います。

中央リテールのように「借り入れ件数4件以上、借入額150万円以上」でも属性次第で審査に通るような消費者金融を狙う手もあります。
借入件数が多いことで審査に通らない人に向いています。

まとめ

他社借入件数が多いと審査に落ちます。当然少ないほど審査には有利です。

他社借入件数は消費者金融によって許容範囲が違いますが、だいたい3~5件までが一般的です。

大手消費者金融に申し込む場合、他社借入件数を3件以下に整理してから申し込むと審査通過率が上がります。

借入件数が多くて審査に通らないと悩んでいるのであれば、おまとめローンなどでまとめましょう。


スポンサーリンク

スポンサーリンク