カードローンの審査に1度でも落ちたことがある人は少なくありません。そして、審査に落ちた理由も教えてもらえないので不安になる気持ちもわかります。

世間では「ブラックリストに登録された」とか「ブラックだから審査に落ちた」と言っている人は非常に多いです。

銀行や消費者金融は審査方法を教えてくれませんので、自分たちで勝手にそう判断しています。

カードローンの審査の流れですが、まず金融会社に個人からカードローンの申し込みがあります。

消費者金融などは個人信用情報機関に申込者の情報を照会して、申込者がブラックかどうかをチェックします。

これは消費者金融に限らず、銀行やクレジットカード会社でも必ずチェックされます。

ここでブラックだと判明すれば、審査にはほぼ通りません。

では、ブラックとか、ブラックリストという言葉をよく聞きますが、実際にブラックリストがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

ブラックリストとは

ブラックリストという言葉はありますが、実際にブラックリストがあるわけではありません。個人信用情報機関に金融事故情報が載っていれば、ブラックであると判断されるだけのことです。

個人信用情報機関に金融事故情報として登録される項目としては、延滞、債務整理、多重申込みなどです。多重申込みは実際には微妙に違いますが、ここではブラック扱いにしておきます。

「この人は過去に延滞を起こしているからNG」

カードローンの審査でそう判断されているだけのことです。

単純に「自分は延滞も債務整理も多重申込みもしていないから、ブラックではない」と安心している人もいると思います。

しかし、個人信用情報機関に載っている情報はそれだけではありません。どの消費者金融からいくら借りて、残りいくら残高があるかも分かります。

なので、あなたがいくら他社借入件数や借入総額を少なく書いたとしても、信用情報機関に載っている情報を見ればすぐに分かってしまいます。

カードローンの審査に通りたいからといって、ウソを書くとバレバレということです。

当然ながら、そういったウソがバレてしまえば、審査に通る可能性が下がることは当然のことです。

個人信用情報機関とは

では、そもそも個人信用情報機関とはどんな機関なのでしょうか?

個人信用情報機関とは、消費者金融や銀行、クレジットカード会社などから登録された信用情報を一元管理している機関です。

例えば、A社からカードローンでお金を借りて、何ヶ月も返済せずに滞納している人がいるとします。

何か月も支払を滞納するような人なので、お金に困って払えないか、わざと払わないかのどちらかでしょう。

しかし、この事実を他の消費者金融や銀行、クレジットカード会社などは知りません。

知らないので、こんな人にでも融資をしてしまったり、クレジットカードを発行してしまうことになってしまいます。

しかし各金融会社が、「あの人は債務整理してますよ」「あの人は何ヶ月も延滞してますよ」「あの人はうちからいくら借りてますよ」などの情報を報告しあえば、そういった不利益を被る可能性は低くなります。

その役目を果たすのが、個人信用情報機関です。

消費者金融などの金融会社が金融事故情報を個人信用情報機関に報告して情報を載せることで、自分たちが不利益となる契約を防ぐことができるというわけです。

現在この信用情報機関は大きく分けると3社あります。この3社それぞれの特性などを説明していきます。

日本信用情報機構(略称:JICC)

主に消費者金融などをメインにした個人信用情報機関です。

信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社などが加盟しています。

2,060万人のデータが登録されており、その中の424万人のブラック情報が登録されています。(※2016/12/15時点では、1,831万人のデータが登録され、361万人がブラックになっています

JICCのブラック情報が消えるまでの期間は下記の通りです。

  • 債務整理の情報は発生日から5年間
  • 延滞(滞納)の情報は完済日から1年間
  • 申込の情報は申込日から6ヶ月間(短期間に多数の申込で申込ブラック)

株式会社シー・アイ・シー(略称:CIC)

主にクレジットカード会社などをメインにした個人信用情報機関です。

信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・銀行系クレジットカード会社・家電メーカー系クレジット会社・自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・農協・労働金庫・消費者金融会社・携帯電話会社などが加盟しています。

57,485万件のデータが登録されており、その中の1,416万件のブラック情報が登録されています。(※2016/12/15時点では、68,609万件のデータが登録され、1,556万件がブラックになっています

CICのブラック情報が消えるまでの期間は下記の通りです。

  • 債務整理の情報は発生日から5年間
  • 延滞(滞納)の情報は完済日から5年間
  • 申込の情報は申込日から6ヶ月間(短期間に多数の申込で申込ブラック)

全国銀行個人信用情報センター(略称:全銀協)

主に銀行などをメインにした個人信用情報機関です。

銀行・農協・信用組合・信用金庫・信用保証・保証会社・クレジット会社・労働金庫などが加盟しています。

8,298万件のデータが登録されており、その中の199万件のブラック情報が登録されています。(※2016/12/15時点では、9,031万件のデータが登録され、162万件がブラックになっています

全銀協のブラック情報が消えるまでの期間は下記の通りです。

  • 債務整理(個人再生・自己破産)の情報は決定日から10年間
  • 延滞(滞納)の情報は完済日から5年間
  • 申込の情報は申込日から6ヶ月間(短期間に多数の申込で申込ブラック)

まとめ

ブラックリストの主な原因は、延滞(滞納)、債務整理、多重申込みです。多重申込みはブラックというよりはグレーですが。

実際にブラックリストというリストはありません。個人信用情報機関に登録されている延滞や債務整理などの情報がブラックだと判断されているだけです。

一生ブラックかと言うとそうではありません。個人信用情報機関に登録された情報は一定期間で消えます

申込ブラックは約6か月、債務整理は約5~10年、延滞(滞納)は約1~5年すれば、個人信用情報機関から情報は消えます。

自分がブラックだと自覚している人は、この期間が過ぎるまで待って、金融事故情報が消えてから申し込むことをおすすめします。

場合によっては金融事故情報が消えていないこともあるので、一度信用情報機関に自分の情報を開示することをおすすめします。


スポンサーリンク

スポンサーリンク