年収が同じであったとしても、職業や仕事が原因で審査に通ることもあれば、落ちることもあります。

カードローンの審査に不利な職業というのは実際に存在します。これはクレジットカードの審査でも同様です。

もし現在この職業や仕事に就いているのであれば、審査でマイナスポイントになっている可能性があります。

ではまずは雇用形態がカードローンの審査でどのように影響しているか説明します。

カードローンの審査で不利な雇用形態

雇用形態とは、従業員と会社とが結ぶ雇用契約の分類のことです。どういった働き方をしているかどうかで、正社員や派遣社員、パートやアルバイトと分類されます。

ランクづけするとこのようになります。

  • 公務員>正社員>派遣社員・契約社員>自営業・パート・アルバイト

通常は雇用形態の中に公務員はいれないかもしれませんが、比較対象として入れています。

収入よりというよりも安定性が高く評価され、このようになります。例えば、派遣社員やフリーターでも公務員よりも収入が高い場合も多くあると思います。

しかしカードローンの審査では、収入が派遣社員やフリーターよりも低くても、公務員のほうが評価が高くなります。

自営業の人もカードローンの審査では不利になります。自営業といえば社長なので、評価が高くてもおかしくないような気がしますが、残念ながら一般企業の社員よりも評価が低いです。

自営業の人は、派遣社員よりも評価が低いと言ってもいいと思います。安定性という点では、自営業は派遣社員以下と判断されるようです。

自営業では審査に通らない消費者金融もありますので、注意してください。

次にどのような職業、仕事が審査に不利になるのでしょうか?

消費者金融の審査で不利な職業・仕事とは

まず、パチンコ店の店員は消費者金融の審査で評価が低いです。離職率が高い点がマイナスポイントです。特に寮に住んでいれば、辞めたら確実に引越しをするので、連絡がつきにくくなるようです。

今までのデータ上、消費者金融にとってあまりいいお客さんではないようです。同じような理由から、新聞勧誘員や温泉などの仲居もあまり好まれません。

タクシー運転手やトラックドライバーなども、評価が低いです。ドライバー系の仕事は収入が高い人も多いので、評価が高くてもおかしくないような気がしますが、理由はちゃんとあります。

ドライバー系の仕事は、「歩合率の高い仕事なので、安定してない」と評価されます。さらに「歩合率が高い仕事のため、体を壊せば収入が急激に減る」ということもあります。

しかも「離職率が高い」ときています。ドライバー系の仕事は転職が比較的容易なので、どこに行っても働けます。

もし誰にも告げずに引っ越しても、仕事に就けてしまうので、消費者金融からすれば貸したお金を回収しにくい職業のようです。

そういった点からドライバー系の仕事は評価が低くなります。

ほかにも審査にマイナスになる職業はいろいろありますが、基本的に「収入が多ければ不安定な職業や仕事」は評価が低くなる傾向にあります。

公務員や大企業の社員は評価が高く、パチンコ店員・水商売・ドライバーなどの仕事は評価が低いと覚えておきましょう。それでも勤続年数が長ければ、十分カバーすることもできると思います。

まとめ

自営業者は会社員よりも評価が低く、さらに派遣社員よりも評価は低いです。ですが収入が多ければ十分カバーできます。

自営業者の場合は、申込予定のカードローンの申込条件などをチェックして、自営業でも問題ないか調べてみましょう。

収入が高くても離職率が高い仕事、歩合率の高い仕事は安定していないと評価され、審査には不利になります。

評価が低いと思われる仕事の人や、雇用形態が派遣社員やアルバイトの場合などは、申込時に借入金額を低めに設定することをおすすめします。


スポンサーリンク

スポンサーリンク