消費者金融のカードローンに申し込んだら、当然ながら審査があります。

その際に消費者金融は、加盟している個人信用情報機関から、申込者の登録されている情報を見ます。そこで、その人がブラックではないか、どこからいくら借りているかをチェックします。

ブラックリストであったり、現在の借入額がすでに年収の3分の1以上あったりすれば、基本的にはそこで審査NGです。他社借入件数が多すぎてもNGとなるでしょう。

では消費者金融は、申込者の他社借入状況をすべて把握できているのでしょうか?

貸金業者はどの個人信用情報機関に登録しているか

JICC、CIC、全銀協、どの個人信用情報機関に登録されているか、というのは非常に重要になってきます。

消費者金融のカードローンを申し込む場合、その消費者金融はJICCで申込者の情報を必ず見ます。

同じように、銀行のカードローンを申し込む場合、その銀行は全銀協で申込者の情報を必ず見ます。

CICを見るのは、主にクレジットカード会社です。クレジットカードを申し込んだら、必ず情報を見られると思ってください。

大手消費者金融は、だいたいJICCとCICに加盟していることが多いです。中小消費者金融であれば、JICCだけにしか加盟していないことも多いです。

銀行は全銀協だけに加盟しているケースがほとんどではないでしょうか?理論上は銀行は、全銀協の情報しか見れません。

と言っても保証会社を通す場合は、その保証会社が加盟している個人信用情報機関の情報を参照されます。

だいたいその保証会社はJICCとCICに登録してると思ってください。

消費者金融に申し込んだら

それでは、ここからが本題です。

ある消費者金融Aは、JICCとCICに登録しています。つまり、JICCとCICにある申込者の情報が見れます。

JICCとCICに登録してある金融会社の情報であれば、どこからいくら借りているかはバレバレなのです。

では、全銀協にしか登録していないある銀行Bの情報は見えるのでしょうか?

実は、消費者金融Aでは銀行Bでいくら借りているかは見えません。

例えば佐藤さんという人が、この消費者金融Aのカードローンを申し込んだとします。

この佐藤さんは、他の消費者金融Cのカードローンを50万円利用しています。それと銀行Bのカードローンを100万円利用しています。

消費者金融AはJICCの情報を見て、佐藤さんが消費者金融Cのカードローンを50万円利用しているのを知ります。

しかし、全銀協に登録していないので、銀行Bのカードローンを利用しているのは分かりません。

つまり、この佐藤さんは合計150万円の借金がありますが、消費者金融Aの審査では、佐藤さんの借金は消費者金融Cのカードローンを50万円だけであると判断します。

まとめ

自分が申し込む貸金業者がどの個人信用情報機関に登録しているかチェックすることをおすすめします。

基本的には、消費者金融は全銀協に加盟していないので、銀行からの借り入れ状況は分かりません。しかし、現在銀行のローンを滞納しているなどの情報は見れます。

逆に銀行は全銀協の情報しか見れませんが、保証会社を通すため、全部見えていると思ったほうがいいと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク