消費者金融にカードローンの申し込みをすると、勤務先に電話がかかってくることがあります。

これは「在籍確認」と言われ、申込書に書いてある勤務先に本当に働いているかを確認するチェック項目です。

この在籍確認の電話がかかってくるということは、カードローンの審査では、どういう状態なのでしょうか。
審査に通りそうな状態なのか、それとも、ただ単に審査の途中で確認の電話をしているだけなのか。

「申し込み後に勤務先に電話があったけど、自分は審査に通りそうなんだろうか」

このように考える人は多いでしょう。私も同じ心境になったことがあります。

そのような人たちのために「消費者金融に申し込みをしてからの流れ」と「在籍確認の電話があったのに審査に落ちる人がいるのか」について説明していきます。

スポンサーリンク

申し込み後の審査の流れ

消費者金融やクレジットカードの審査では、申し込みがあると、まず「過去に申し込みがあった人かどうか」を調べます。

これは、「過去に延滞を繰り返していた人かどうか」ということを調べる目的もあります。
ですが単純に、「初めての申し込みの人」か「一度利用したことがある人」なのかを判断する目的もあります。

一度でも利用をしたことがある人の場合は、新規申込みの人とは違う審査になり、現在利用中ということになれば「増枠」の審査になります。

新規申込みの人の場合は、JICCやCICなどの個人信用情報機関で信用情報のチェックをされます。

(参考:日本クレジット協会

ブラックリストではないか?

危険

ここで過去に延滞、自己破産などの債務整理をした形跡がないかどうかがチェックされ、あなたがブラックリスト入りしている人物かどうかを調べます。

当然現在の借り入れ状況も調べます。
現在「他社を滞納していないか」は必ずチェックされます。

他社借入額と他社借入件数は?

それから「どこからいくら借りているか」という項目を調べます。

総量規制の影響もあるので、「年収の3分の1以上の借金がないか」をチェックします。
「他社から何件借り入れをしているか」という項目も同時にチェックされます。

他社借入件数は審査ではかなり重要視されます。
借入金額が少なくても、借入件数が多ければ審査に落とされます。

スコアリングシステム

消費者金融やクレジットカード会社には「スコアリング」という審査のシステムがあります。
あなたの年収や借入額や借入件数、勤務形態などを入力すると、コンピューターが自動的に点数をつけてくれるシステムです。
一定の点数以上の人に「○万円以上融資可能」と出ます。

ここであなたの属性に点数がつけられます。

どんなシステムか詳しく知りたい人は株式会社シーシーエスのページを見ると分かると思います。
実際のシステムを作っている会社です。

在籍確認の電話すらない

この段階で、このような人たちが審査に落とされます。

悲しむ女性


  • スコアリングで一定以上の点数に届かなかった
  • ブラックリストである
  • 年収の3分の1以上の借金がある
  • 無職など安定した収入がない
  • 未成年など年齢が申し込み条件に該当しない

(参考:日本貸金業協会


この人たちには在籍確認の電話すらありません。

「在籍確認の電話がある」ということは、基本的に「審査に通る可能性が高い」ということになります。

在籍確認の電話後に審査に落とされる人たち

在籍確認の電話として、消費者金融から会社や自宅に電話がかかってきます。

この段階での審査状況では、「申込書に書いた内容の審査には通った」状態です。
本来であれば、融資をされるレベルにあるといえます。

しかしその後、審査落ちの連絡が届く人も多くいます。

ウソがばれた!?

心配する子供

実は、在籍確認の電話でウソがバレる人は多いです。

例えば、「実はすでに会社を辞めていた」というケースがよくあります。

現在無職の人は、申込書の勤務先に、つい最近まで勤めていた会社名を書いているそうです。
しかし、当然会社に在籍確認の電話はあっては困ります。すでに辞めているわけですから。

消費者金融の担当者が実際にその勤務先に電話をしてみると、「○○は退社致しました」などの回答、そんなことはよくあることのようです。

まぁ最近仕事を辞めて、現在無職であれば生活費には困るでしょう。
「次の働き先が見つかるまでの生活費に充てたい」という気持ちは消費者金融の審査担当者も十分分かることでしょう。

しかし、実際に融資をするかといえば話は別です。当然審査には通りません。

元消費者金融の友人も「本当は融資してやりたいんだけどね~。無職の人には絶対に貸せないから」と言っていました。

ほかにはどんな理由が?

勤務先や勤務年数というのは、審査では重要な項目になってきます。
それだけに必ず厳しいチェック入ります。

勤務先や勤務年数に関しては、「カードローンの審査で勤務年数と健康保険証の種類は重要か?」という記事をよく読んでください。

厳しいチェックと言っても、在籍確認を厳しくされるわけではありません。
在籍確認は「この勤務先で申込者が本当に働いているのか」が分かればいいレベルなのです。

審査担当者からすれば、申込者の勤務先に電話をして電話を取った人の対応で判断します。
「ただいま外出しております」や「本日は休みです」といった回答が得られれば、それで「在籍確認は問題なし」となります。

電話をする人

しかし在籍確認も問題なく、申込書にウソの記載もないとしても、絶対に審査に通るとは言い切れません。
機械ではなく、消費者金融の審査担当者が直接決めることですから。

元消費者金融の友人が「本人の属性は問題なかったけど電話での態度が悪かったから審査に落とした人ならいっぱいいるよ」と言ってるくらいなので。

まとめ

スコアリングや信用情報のチェックに引っかかった人は在籍確認の電話はありません。
在籍確認の電話があった人はスコアリングでは問題ないと判断されていますので、基本的には審査に通る可能性の高い人ということになります。

それでも審査に落ちている人は「申込書に書かれた内容が事実と違う」と判断されているか、「電話での態度が悪い」などといった理由が考えられます。

在籍確認の電話があった人は、他社に申し込めば審査に通る可能性は十分にあります。
そこまで到達できなかった人は、自分が審査に通らない原因を自分で分析してみましょう。


スポンサーリンク

スポンサーリンク