カードローンの申し込みをする際に、収入証明を提出する必要のあるケースが見受けられます。収入証明を提出したくない人もいるかもしれませんし、中には収入証明が手元にないため、申込をあきらめる人もいるかもしれません。

では、収入証明は必ず提出が必要になるのでしょうか?

そもそも収入証明とは?

これはみなさんご存知かと思いますが、収入を証明する書類のことです。基本的に、最新のものの提出が求められます。

下記に銀行やクレジットカード会社、消費者金融などで収入証明書として認められているものをまとめます。

源泉徴収票

サラリーマンなどの会社勤めされている人のために、会社が発行する証明書です。1月から12月までに支給される給料の合計額などが記載されています。

会社側は、12月の給料が決まらない限り作成はできませんので、12月の給料が決定してから発行されます。

処理の早い会社であれば、12月中にもらえます。しかし、給料が末締めの会社であれば、早くても1月中になる場合もあります。

通常は何も言わなくても会社が発行してくれますが、一部の会社では請求しないと発行してくれない会社もあります。小さい会社などにそういうことが多いようです。

もし昨年度の源泉徴収票をもらっていないのであれば、会社に直接聞いて、発行してもらう必要があります。

なくした場合は、再発行もしてくれますので、会社に聞いてみましょう。

確定申告書

自営業の人や複数収入のある人などが対象になります。

自分の収入や支出を記入して、税金の額を決定するための書類です。

注意が必要なのは、収入所得の金額が年収の基準になるということです。医療費控除や社会保険料控除などの控除額や、経費などが多ければ、当然ながら所得は少なくなります。

つまり、年収が低く見られますので、カードローンの審査の際には不利になります。

カードローンの審査を少しでも有利にしたいのであれば、支出を低くすれば、所得は上がり収入は多く見えます。しかし、税金が高くなるというデメリットはありますが・・・。

提出するのは、処理が終わり、受領印付の確定申告書である必要があります。

給与支払明細書

会社勤めをされている人であれば、これが一番分かりやすいかもしれません。一般的に給与明細と呼ばれています。給料日にもらうことが多いです。

給与明細は、直近2ヶ月分の提出を求められるところが多いです。ボーナスがある人は、賞与明細書の提出も求められます。

注意点は、申込書に書いた年収との開きがある場合です。直近2ヶ月の給料が多い場合はいいのですが、たまたま残業がない、または繁忙期ではないケースなどで注意が必要です。

直近2か月の給料が少なすぎると、申込書に書いた年収の信用度が落ちてしまいます。

直近2か月の給料が高い時に申し込んだほうが、審査には有利といえます。その2か月を基に年収を計算すると、年収が高くなるためです。

記載内容が手書きの場合、勤務先の社判または社印が必要となるケースもありますので、申込をする消費者金融などのサイトをよく確認しておいてください。

収入証明の提出が不要の場合もある

それでは話を戻して、カードローンに申し込んだ際に、収入証明は必ず必要になるのでしょうか?

これは申し込む銀行や消費者金融などによって変わってきますが、ある程度は統一されています。

消費者金融

消費者金融は、貸金業法により収入証明書による年収の確認が義務付けられています。しかし、一部提出しなくてもいい方法はあります。

下記はプロミスのケースです。

  • 50万円を超える申し込みの場合
  • 借り入れ希望金額プラス、他の貸金業者からの借り入れの合計額が100万円を超える場合
  • 以前提出した収入証明書が3年以上経過している場合

例えばプロミスに申し込んで、収入証明を提出せずにすむケースは、

プロミスの借り入れ希望金額を50万円以内にすること、その金額に加え、アコムなどからの借り入れ合計額を100万円以内にすることです。

ただし、この条件に当てはまる場合でも、消費者金融側から提出を求められることもあります。

中には、借り入れ希望金額が50万円以内であれば、収入証明提出は原則不要という消費者金融もあります。

規模の小さい消費者金融であれば、収入証明の提出が義務付けられることが多いです。

クレジットカードを申し込むときも、同じようにキャッシング枠を50万円以内に抑えないと、収入証明の提出が義務付けられます。

銀行

銀行の場合は、貸金業法にあたらないため、消費者金融よりも収入証明を提出しなくてもいい可能性は高いです。

借り入れ希望金額が100万円以内であれば提出不要の銀行や、200万円以下であれば提出不要の銀行もあります。

単純に銀行のほうが、収入証明を提出しなくてもいいといえますが、審査自体が甘いわけではありません。

それに、審査の途中で収入証明の提出を求められるケースがあることもあります。

まとめ

消費者金融は、借り入れ希望金額が50万円以内であれば、収入証明提出は不要のケースは多いです。もしくは自社プラス他社で100万円以内という条件が付く場合もあります。

クレジットカードを申し込む際には、収入証明の考え方は消費者金融と同じと考えてください。キャッシング枠が50万円以上になれば、提出が必要となります。

銀行の場合は、貸金業法の影響を受けないため、消費者金融ほど厳しくはありません。借り入れ希望金額が100万円以内であれば提出不要などの銀行は多いです。銀行によっては200万円以上や、300万円以上という銀行もあります。

銀行や消費者金融のどちらにもいえますが、審査の際に収入証明の提出を求められることもあります。


スポンサーリンク

スポンサーリンク