急に冠婚葬祭の予定が入ったり、夫の給料日前にやりくりが大変だったりして困った経験はありませんか?

私はあります。そういう時に限って手持ちのお金がなかったりします。そういう時に役立つのがカードローンです。

しかし中には、夫にはお金がないことを内緒にしたい人もいるのではないでしょうか?

そういう人は、夫に内緒でカードローンを申し込むようです。

しかし解決しなければいけない問題が2点あります。

  1. 収入がない専業主婦でもお金が借りられるのか?
  2. カードローンの利用を夫や家族にバレないようにしたい

その2点についての説明をした後に、専業主婦のカードローン体験談を紹介します。そして「専業主婦にはどのカードローンがおすすめなのか?」という話までしていこうと思います。

スポンサーリンク

収入がない専業主婦でもお金が借りられるのか?

そもそも専業主婦でも審査に通るカードローンはあるのでしょうか。

まず消費者金融のカードローンを調べてみました。

消費者金融カードローンはどうか?

「専業主婦でもOK」と書いてある消費者金融を探しましたが、ほぼないという結果に終わりました。

それもそのはず、消費者金融には総量規制という法律によって規制されています。

簡単に説明すると、総量規制とは「年収の3分の1までしか借り入れできないという決まり」のことです。

つまり、収入のない専業主婦は借入できないということになります。

例えば、プロミス公式サイトを見てみましょう。

商品案内のところを見ると、「主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込み可能」と書いてあります。

「主婦は申し込み可能」と判断してしまいそうですが、正しくは「パートやアルバイトをしている主婦はOKだが、専業主婦はNG」です。

そうなると専業主婦ではカードローンの申し込みすらできないのでしょうか?

銀行カードローンはどうか?

「消費者金融でもダメなのに、審査の厳しい銀行はもっと無理なのでは?」

実際にそう考える人は多いです。しかし実際のところ調べてみないとわからないですよね。

先に答え合わせをしますが、銀行のカードローンであれば専業主婦でも申し込むことができます。

その理由は、総量規制という法律は消費者金融に対しての法律なので銀行には関係ないからです。

それでは楽天銀行公式サイトを見てみましょう。

カードローンのところを見ると、「楽天銀行のカードローンは、専業主婦の方、パート・アルバイトでお勤めの方も、お申込いただけます。」と書いてあります。

こちらは完全に「専業主婦OK」と書いてありますね。

銀行が専業主婦でもOKとしている理由は、保証会社の存在も大きいです。

専業主婦に融資したお金が滞納などによって返済されない場合、保証会社が負担しなければなりません。つまり万が一の際に損をするのは、銀行ではなく保証会社です。

なので、専業主婦が旦那に内緒で借り入れするためには、銀行のカードローンに申し込みをしましょう。

注意点は配偶者に安定収入があることが必須という点です。収入に関しては審査対象は旦那さんになりますので、夫が無職であれば当然審査には通りません。

旦那にバレないために気をつけること

銀行のカードローンに申し込むのはいいのですが、夫にバレないように気をつける必要があります。

特に下記の点には気をつけましょう。申し込む銀行の選び方も同時に分かります。

  1. 夫の収入証明書などが必要
  2. 夫の勤務先に在籍確認が入る
  3. 郵送物が家に届く

1.旦那の同意書や収入証明書が必要

銀行のカードローンに申し込むためには、用意しなくてはならない書類があります。

  • 本人確認書類
  • 夫の収入証明書
  • 夫の同意書

本人確認書類

本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートなどです。それに加え住民票が必要になることがあります。

夫との婚姻関係を証明するために住民票の提出を求められるケースがあることを覚えておいてください。

収入証明書

収入証明書といっても専業主婦には収入はありませんから、夫の収入証明書のことです。

夫がサラリーマンの場合は、源泉徴収票や給与明細などが収入証明書となります。

夫が自営業の場合は、確定申告書や納税証明書などが収入証明書となります。

しかし問題は「収入証明書を旦那に用意してもらわないといけない」という点です。

夫にバレないようにしているのに頼めるわけありません。なので、収入証明書を提出しなくてもいい銀行を選ぶ必要があります。

旦那の同意書

銀行によっては配偶者の同意書が必要になることもあります。

配偶者の同意書が必要ない銀行を選ぶ必要があります。提出を求められることはほとんどないですが、チェックだけはしときましょう。

2.夫の勤務先に在籍確認が入る

「夫の勤務先に在籍確認の電話が入るので夫にバレる」

確かに夫の職場に在籍確認の電話が入れば一発でバレます。実際にこの質問はよく見かけます。

ですが専業主婦が申し込んだ場合、夫の勤務先に連絡が入ることは基本的にありません

不安なら、申し込みの前に直接確認してもいいでしょう。

3.郵送物が家に届く

書類もですが、カードの受け取りが郵送のみの場合は注意が必要です。

郵便局員がくる時間帯はある程度決まっていますから、早めにチェックするなどしたほうがいいかもしれません。

DM(ダイレクトメール)や取引明細書に関しては、「送ってほしくない」と言えば対応してもらえます。

カードローン体験談

では実際にカードローンを利用している2人の体験談を紹介します。この2人は実際に審査に通っていますので、専業主婦でもカードローンを利用できるという証明になります。

専業主婦Aさん(30代後半)

家計のやりくりをしているのは主婦である私です。しかし夫の給料日前になると、どうしても家計がピンチになることが多いことが悩みのタネでした。

特に子供の教育費が思っていた以上に必要になり、このままではやりくりが厳しいと感じたので、カードローンを検討しました。

銀行系のカードローンは専業主婦でも申し込み対象だとわかり、早速ウェブサイトから手続きすることにしました。

夫の収入証明書や署名も不要なので、健康保険証をカメラアプリで撮影してウェブサイトへ添付するとよいので、かなり手軽に申し込みすることができました。

急ぎでカードローンを発行したかったので、急ぎの旨をコールセンターへ電話して伝えるとすぐに審査を行ってくれるし、とても便利です。

機械操作が苦手ですが、パソコンからすぐ手続きでき、申し込み方法は難しくないのですぐ出来ました。

利用限度額も主婦は決まっているので、その範囲内でカードローンが利用できるとのことで、ちょっとお金が足りない時はカードローンを利用することにします。

専業主婦Bさん(30代前半)

主人は家計のことには全く関わろうとはせず、毎月のやりくりを私ひとりで一生懸命頑張っていました。

主人と私共に28歳のとき、2人目の子供が産まれました。実家は遠いので私は働くことができず、月給20万の主人の給料ではやりくりできなくなってしまいました。そこで夫に内緒で借入することに。

カード申し込みや審査など今ではインターネットで簡単にすることができました。必要事項を記入し、身分証を送付するだけで、2週間程度でカードが送られてきました。

キャッシング限度額は30万円。主人の会社に電話があったのかはわからないのですが、主人からは何も言ってくることはありませんでした。

そしてこのカードで、毎月の生活費の不足分を補っていきました。下の子供が大きくなりもうすぐ幼稚園に入学することも決まりましたので、子供が幼稚園に行っている間に私も働きに出て、借り入れした分を早く返済したいと思います。

保育園に応募してもなかなか入れず、子供を育てながら働くことが難しい時代に簡単に借り入れできてとても助かりました。

おすすめのカードロ-ン

専業主婦がカードローンを選ぶ基準については説明してきました。

それでは実際にカードローンを申し込むとするとどこがおすすめなのか。

私なら楽天銀行かイオン銀行と答えます。

楽天銀行とイオン銀行をおすすめする理由

  • 夫の収入証明書や夫の同意書も不要
  • 住民票の提出不要
  • 限度額が50万円と他社より多い
  • 審査が早く、最短即日審査
  • 楽天ポイントがもらえる(楽天銀行のみ)

他の銀行と比べて、用意する書類が少ないことはメリットが多いです。夫にバレにくく、審査の手間が減らせます。

限度額も、30万円が上限の銀行が多い中、楽天銀行とイオン銀行は50万円と少し高めに設定されています。

審査結果も早くて当日、2営業日後には連絡が来るようになっています。審査が遅い銀行になると1週間以上かかることもありますので、これもメリットのひとつです。

楽天銀行の場合は楽天ポイントがもらえるというのも、主婦に人気のようです。

しかし楽天銀行にもデメリットがあります。カードの発送日、到着日の指定ができない点です。

成約後の翌営業日に簡易書留で発送されるので、届く日の予想はつきます。しかし確定ではないので、夫が郵便物をよくチェックする場合は注意が必要です。

「そんなデメリットぐらいなら問題ない」という人であれば、楽天銀行はおすすめできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

専業主婦でも銀行のカードローンの審査に通ることがこれで分かったと思います。

おすすめは楽天銀行と書いていますが、ほかの銀行と大差があるわけではありません。総合的に見ておすすめというだけなので、ほかの銀行でも問題ありません。

例えば大手の銀行など、限度額が30万円に設定されている銀行は多いです。その点が問題ないのであれば、東京三菱UFJ銀行といった大手銀行でもいいと思います。

一度自分が気になる銀行の公式サイトを見て調べてみることをおすすめします。カードローンの商品説明に「専業主婦の申し込み可能」と書かれている銀行であれば大丈夫です。

見当たらない場合、「よくある質問」などに書かれていることもありますので調べてみてください。

それから「提出する必要書類」「限度額」「審査スピード」「金利」などを調べて、自分にあったカードローンを見つけてください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク