私が債務整理後クレジットを取得した時の体験をお話しします。

お恥ずかしい話ですが、10年前まで消費者金融でカードローンを利用して、借りては返すを繰り返していました。

その当時、過払い金が話題になり始めた頃だったので、司法書士事務所に相談して任意整理の手続きを行い、無事に過払金も戻ってきました

それが2006年頃です。

その2年後の2008年に一人暮らしをするために電器店で家電を一から買い揃えた際、割引になるのとポイントがつくのでクレジットカードの発行をすすめられました。

クレディセゾン発行のUCカードです。

債務整理後、5年くらいはクレジットカードを作れないと聞いていたので、ダメモトで申し込みだけしました。

ところがすんなりカードが作れたのです。

スポンサーリンク

申し込み当時の状況

申込当時の私の状況です。

30代女性、勤続3年目の会社員で年収は500~600万くらいでした。

過払い請求でお金が戻っていたので、他に借り入れはない状態です。

住居は借りてから家電を揃えたので、賃貸マンションで1年目と記入して申し込みました。

審査時に担当者とやりとりしたことは記憶に残っていません。

正直、審査が通るとは思っていなかったので、意外に早くクレジットカードが作れたことに驚きました。

申し込みの際にも、カード作成カウンターの方に、「作れないと思いますけど。」と一応念押ししたと思います。

でも結果作れたことで、一人暮らしの大きな買い物にもお金を下ろさなくていいので便利でした。

審査に通った理由を考えてみた

私の場合は、借入の残高が残っていなかったことと、債務整理した時点よりも年収がアップしていたことがクレジットカードの審査にプラスに働いたのかと思います

借りたばかりの賃貸マンションで、勤続年数も長くなかったので他に思い当たりません。

5年くらいはクレジットカードの作成を含め借り入れができないと聞いていた件(他の情報を見ても大概それくらいでした)については、余裕を見ての期間がそれくらいなのかなと思います。

クレジットカード取得の際に特に気をつけたこともないですが、やはり「債務整理=ブラックリスト=信用がない」という図式が頭にあったのでクレジットカードが作れて後ろ暗い気持ちが晴れました。


スポンサーリンク

スポンサーリンク