2012年の春に中古物件でしたがマイホームを購入することになりました。築年数も2年で、ほぼ新築と変わらなかったので思い切って決めました。

マイホーム購入のきっかけは、妻が「マイホームが欲しい。子ども達が安心して暮らせる家が欲しい」と言い始めたことです。

しかし、私には大きな不安がありました。実は私は、2007年に借金した挙句に債務整理(任意整理)をしていたのです。

任意整理をする前は、約300万円の借金があり、消費者金融から数件借入をしている状態でした。

借金は任意整理をするとゼロになりました。借金を支払っていた期間が15年間もあったので過払い金が多額にあったからです。

妻には過去に借金をして、任意整理をしたことは言ってませんでした。結婚前に任意整理をしていたので「わざわざ言わなくてもいい」と思っていたからです。

そのせいで「住宅ローンが組めるのか?私ではクレジットカードすら持てないのではないか?」という不安でいっぱいでした。

スポンサーリンク

「提携先のクレジットカードを作ってください」と言われて

そのおかげで住宅ローンを契約する時も緊張しました。「任意整理をしていたのに大丈夫なのだろうか」ととても不安でした。

住宅ローン契約と同時に、「あわせて提携先のクレジット機能がついたカードを作ってください。」と言われました。

この時に「あぁ、クレジットカードが通らなかったら住宅ローンもダメだろう。ダメだった時には妻にちゃんと話をしよう」と思ったのを覚えています。

申し込んだ時の状況

32歳(男)
年収:520万円
職業:公務員
借入件数:なし
借入額:なし(任意整理時に過払い金等で完済)
勤続年数:14年
住居:当時賃貸に2年間居住

いよいよ緊張の審査開始

審査は住宅ローンとクレジットカードの同時進行でした。個人的には、「クレジットカードの審査に通ってから住宅ローンの審査になる」と思っていましたが違いました。

審査時のやり取りは、ごく簡単な電話での聞き取りのみでした。「提出した書類や申込書に書いた内容が正しいか」という点を確認していただけのような気がします。

私は国家公務員で全国転勤だったので、現勤務地での勤務年数が少なかったからなのか、過去の転勤の状況を聞かれました。

そして現在の借り入れ状況などを聞かれました。直接的な言い方ではなかったと思いますが、「カードローンやクレジットカードを利用しているか」といったことを聞かれました。

一番不安だった「過去の任意整理のこと」については聞かれることはありませんでした。

銀行が私の過去の任意整理を知っていたかは分かりません。しかし、全く聞かれることはなかったので知らなかったのではないでしょうか。

任意整理をしてから5年は経っていたのがよかったと思っています。

審査の結果は

それから10日程経ち、銀行から連絡がありました。

「住宅ローンの審査と提携先のクレジットカードの審査が通りました。本契約したいので必要書類と実印を持って平日に銀行に来てください」ということでした。

半ば住宅ローンもクレジットカードも諦めていたので、本当にびっくりしました。

クレジットカード取得の為に気をつけたことは、借金をしないことです。

任意整理してから、あまり時間が経っていませんでしたが、いつかはクレジットカードを持ちたいと思っていたので2度と不要な借金を作らないように決めていました。

個人的には任意整理から10年ほどしてからクレジットカードに申し込むつもりでした。マイホーム購入の件があったので、予定より早く申し込むことになりましたが、結果的に審査に通ってほっとしました。

任意整理をしてもマイホームを持つことができ、クレジットカードも持つことができます。やってみるものですね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク