債務整理をすれば、だいたいの借金問題は解決すると言いましたが、今回はその中でも任意整理についてもう少し詳しく説明します。

任意整理とは

任意整理とは、弁護士や司法書士が裁判所を通さずに貸金業者とあなたの借金を減額するために交渉する方法のことです。話がまとまれば、借金が減ったり毎月の支払額が少なくなります。

流れとしては、まずは弁護士や司法書士に任意整理の依頼をします。すると消費者金融などの貸金業者からの督促がストップします。支払いもストップされます。

法律上、弁護士などから任意整理の依頼を受けたという連絡が貸金業者に入れば、借金の督促はしてはいけないようになっています。

これだけでも普段から借金返済に追われていた人にとっては、本当に心穏やかな瞬間だと思います。

それから引きなおし計算が行われます。以前グレーゾーン金利で借りていた人は、利息を払いすぎていたことになりますので、その払いすぎた利息分は返してもらうことができます。

この払いすぎていた利息を元金に充当することで、借金の大幅な減額が可能になるというわけです。

しかも今後支払いに利息をつけないように弁護士や司法書士は交渉してくれます。うまくいけば、さらに負担が減ります。

残った借金は3年~5年で返済し終わるように交渉してもらえます。

借入先が複数ある場合に任意整理は効果を発揮します。一部の貸金業者はそのまま返済を続けるが、この貸金業者の分は任意整理をするなどの方法も選べます。

官報にも載らないので、人に知られるリスクは自己破産や個人再生よりもさらに低いと言えます。

過払い金とは

グレーゾーン金利での借金返済期間が5年以上あれば、あなたにも過払い金が発生している可能性があります。当然長ければ長いほどその可能性は高いです。

まずは自分の取引内容をチェックしてみてください。解約から10年を過ぎていなければ過払い金返還請求は可能です。

場合によっては借金がゼロになり、手元に払いすぎた利息が戻ってくるかもしれません。

10年以上グレーゾーン金利で取引してきた人は、100万円以上のお金が戻ってくるかもしれません。

ただし、貸金業者はなかなか過払い金を満額認めようとしないケースが多いです。貸金業者が応じない場合は、裁判所へ返還請求訴訟を起こすことになります。

問題点と言えば、グレーゾーン金利での取引が期間が短い場合、ほとんど借金が減ることはないので、その場合は個人再生や自己破産のほうがいいともいえます。

借金で悩んでいるのであれば、一度借金問題に強い弁護士や司法書士に相談してみるといいと思います。

まとめ

債務整理をすれば、消費者金融などの貸金業者は督促ができなくなります。追われていた支払いもストップされます。

任意整理なら官報に載りませんので、人に知られるリスクを最小限にしたい人に向いています。自己破産や個人再生は官報に載ります。

長期間グレーゾーン金利で取引してきたような人は、過払い金返還請求をすることで借金がなくなり、支払いすぎたお金が戻ってくることもあります。

過払い金返還請求の時効は、完済から10年なので、「自分も当てはまるかも」と思っている人は、早めに相談されたほうがいいと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク