「過去に自己破産をしたことがある人は、賃貸マンションやアパートを借りれるのでしょうか?」

これは自己破産経験者からよく聞く悩みです。

自己破産経験者は、「自己破産をしていると、家賃保証会社の審査に通らないのではないか」と考えている人が多いからです。

自己破産をするとブラックリストに載ってしまうため、クレジットカードやカードローンの審査には通らなくなります。

そのため、「カードローンなどと同じように家賃保証会社の審査に通らないのだろう」と考えています。

では、実際に保証会社の審査には通らないのでしょうか?

スポンサーリンク

ブラックでも家賃保証会社の審査に通るのか?

通常、自己破産経験者は、カードローンやクレジットカードの審査には通りません。
同じように、「賃貸契約の際の保証会社の審査も通らないのでは?」と考えているようです。

契約書

確かに自己破産をした人は、保証会社の審査に落ちる可能性はあります。

しかし、すべての保証会社の審査にも通らないわけではありません。
注意が必要なのは、信販系の保証会社です。

信販系の保証会社の代表的なところは、「オリコ」「ジャックス」といった会社です。
オリコやジャックスなどは、個人信用情報機関の情報を参照しますので、自己破産をしていれば難しいでしょう。

信用情報機関と保証会社による2段階の審査結果は、保証契約だけでなく、貴社入居審査の精度の向上にもお役立ていただけます。
(引用:日本セーフティー株式会社

日本セーフティーはセディナと提携して家賃保証サービスを行っています。

まずセディナが個人信用情報機関の情報を参照して、その後に日本セーフティーが賃貸保証の審査をします。

これが信販系の賃貸保証会社の審査が厳しい理由です。

ストップ

個人信用情報機関の情報は永久に残るわけではありませんから、自己破産であれば5~10年すれば消えます。

その後であれば、自己破産経験者でもオリコやジャックスといった信販系の保証会社でも審査に通る可能性は十分にあります。

しかし、「自己破産をして5年以内の場合」や「オリコやジャックスなどで以前滞納などの金融事故をしたことがある場合」は避けたほうがいいです。

自己破産経験者や金融事故を起こしたことがある人は、信販系以外の保証会社のほうが審査に通る可能性は高いといえます。

信販系以外の保証会社ならブラックでも審査に通るのか?

当然ながら、絶対に審査に通るとはいえません。

しかし、信販系保証会社よりは審査に通る可能性が高いといえます。

オリコやジャックスなどの信販系保証会社であれば、カードローンやクレジットカードの審査に通らない人は審査に通るのは厳しいと言わざるを得ません。

しかしそういった信販系以外の保証会社であれば、JICCやCICといった個人信用情報機関の情報を参照しません。
なので自己破産をした事実は分からない可能性が高いです。

ハードル

審査のハードルという点でいえば、信販系が一番厳しいといえます。

クレジットカード審査のノウハウがありますので、審査に関して言えば、かなりレベルが高いと言ってもいいでしょう。

それから比べると、信販系以外の保証会社の審査はそう難しくはないといえます。

現在、金融ブラックであっても審査に通る可能性は十分にあります。
実際に通った人を何人も知っています。

「信販系の保証会社は他の保証会社と情報交換をしていない」というのも自己破産経験者からすればプラス材料です。

はっきり言って、自分から言わない限り自己破産をしたことは分かりません。

それよりも「過去に家賃の滞納があったことのほうが問題視される」ケースも出てくるかもしれません。

「家賃保証会社の審査に通らない」と嘆くよりも、とりあえず申し込むことをおすすめします。

信販系以外の保証会社であれば、自己破産経験者でも意外に簡単に審査に通るケースは多いです。

保証会社も本当は審査に通したい

営業

家賃保証会社というのは、町の不動産屋を回って、「ウチを利用してください」と営業をかけています。
競合が多い上に、信販会社のような大手と戦わなくてはいけません。

信販系保証会社はクレジットカードという本業の収入があるので、多少審査を厳しくしても問題ありません。

しかしそれ以外の家賃保証会社は競合が多いため、審査をあまり厳しくできない事情があります。

そういった事情があるのに簡単に審査に落としていたら、他の保証会社に乗り換えられます。
保証会社としてはそこは避けたいのが本音です。

審査が不安であれば、不動産会社に自分が自己破産をしたことを伝えるのも一つの手になります。

もし家賃保証会社の審査に落ちたとしても、不動産会社もプロですから契約を取るために他の方法を考えてくれます。

審査の甘い賃貸保証会社はある?

お願いする女性

「自己破産経験者でも審査に通りそうな賃貸保証会社を教えて!」

そういう声が聞こえてきそうなので、おすすめの1社をお伝えします。

それは「フォーシーズ」です。

フォーシーズの審査承認率は業界トップ水準です。絶えず高い承認率を目指して業務に取り組んでおります。
(引用:フォーシーズ株式会社

賃貸保証会社の審査で一番甘いのではないでしょうか?

フォーシーズの公式サイトをよく読めば、「アルバイト・パート・派遣・個人事業主・収入のある無職」でも審査に通すことが分かります。

そして、「無職(無収入)の場合は審査に通しませんが、公務員または審査基準を満たす会社員が連帯保証人になる場合は審査に通すことができる」と書いてあります。

女性

もうひとつ不安を解消しときましょう。

自己破産経験者が不安なのは、「自己破産をしたことがバレて審査に落ちるのではないか?」ということですよね。

不安な人は下記の信用情報機関から自分が申し込む賃貸保証会社が登録されているか、「加盟会員検索」で調べてみましょう。

信販系

信販系の「オリエントコーポレーション」や「セディナ」はCICに登録されています。

なので自己破産でブラックだと審査に通りません。

信販系以外

先ほどの「フォーシーズ」は個人信用情報機関のどこにも登録されてません。
登録してないのに、個人信用情報機関の情報が見れるわけありません。

ちなみに、「JID(日本賃貸保証会社)」や「全保連株式会社」といった名の知れた賃貸保証会社の名前も載っていません。

これが自己破産経験者でも審査に通る理由です。

あとは通常通りの入居審査ですので過度に不安になる必要はありません。

自己破産をしていても、みんなちゃんと住む家はあるわけですから。

まとめ

自己破産をすると「今までと同じような生活ができないのではないか」と考える人が多いです。
しかし「賃貸保証会社の審査に通らない」と考えても仕方がありません。

確かに自己破産経験者は、オリコやセディナなどの信販系保証会社の審査には通らない可能性が高いですが、信販系以外の賃貸保証会社であれば十分審査に通る可能性があります。

もし賃貸保証会社の審査に落ちたとしても、また別の賃貸保証会社に申し込めばいいだけです。

賃貸保証会社を利用せずに賃貸マンションやアパートを借りる方法はないか、担当者に聞いてみるのもいい手だと思いますよ。


スポンサーリンク

スポンサーリンク