借金を整理した当時は25歳(男性)、当時は美容師をしており平均した年収は300万ほどでした。

借入はアコム・三洋信販その他5社合わせて400万以上、年収以上に消費者金融からのキャッシングが多いような状況でした。

キャッシングが400万を超えると、次第に最低支払額のみしか払えなくなりました。

給与が手取り月平均18万だったのに対して、月8万以上は返済に宛てないといけなく、金利のみを支払って、まったく元本が減らずにまた借金を繰り返すという悪循環に陥ったのです。

それからこの状況がどうにかならないものかとインターネットを中心に情報を収集し弁護士の先生に相談する事にしました。

弁護士事務所で借金相談

年収以上に金額が膨れ上がっている事もあり、相談した結果、自己破産の手続きをする事にしました。

今考えると当時は返済の宛てもなく、選択する余地もないまま自己破産という選択をした状況です。

相談した弁護士事務所は、弁護士の先生に対して一括で着手費用を支払うのではなく分割で月1万円を約3年間支払う形で良いとの事だったので、これも決め手の一つとなりました。

手続きについては、弁護士の先生から各クレジット会社に委任状を郵送し、それから返済の電話等はかからなくなりました。

しばらくしてから家庭裁判所より出頭要請があり、「免責決定」という事で借金の支払い義務はなくなりました。

弁護士費用も3年間かかって支払いを終え、一定の流れは終了しました。

自己破産を経験して

借金を支払う義務としてはなくなりましたが、やはり人としてどうなのかと今でも悩む時があります。

当時若かったとはいえ、銀行のキャッシュカードのように現金を借りては返しての毎日になると感覚がマヒしてしまいます。

当たり前の事ですがローンや借金は、返済のシュミレーションをきちんとして年収の範囲内におさえないといけません。

その後クレジットカードは7年ほど使えませんでしたが、クレジットカードやキャッシングができなくても、十分生活はやっていけます。

私自身も「やり直す選択」をした結果、今度は借りたものを返す、そんな人生を送っていきたいと考えています。


スポンサーリンク

スポンサーリンク