即日融資、ネット完結、1ヶ月無利息…

法改正により審査が厳しくなったとはいえ、消費者にとってはとても便利な時代になりました。

誰にも会わず、その日のうちにお金を借りることが出来ます。

また、クレジットカードも利用できる店舗が多くなり、飴玉1つですらカードで買うことが出来ます。欲しいものも簡単に手に入るのです。

今月苦しいから少しなら…、これくらいなら…の積み重ねが災いし、結局家計は火の車。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな私もその1人です。支払いに追われ、どうにも出来なかったときの私の体験談をお話させていただきます。

借金返済で困ったときには

借金返済に困った時の法的手段があるのはご存知ですか?

自己破産、個人再生、特定調停、任意整理等です。様々なメディアで目にするようになりましたので、ご存知の方が多いかと思います。

各々の説明は割愛させていただき、今回は私が選択した【任意整理】と【過払い金返還請求】について、話していこうと思います。

任意整理とは簡単に言うと、専門家(司法書士、弁護士)が私たちに代わって、借金の減額や、利息カットを交渉し、約3年~5年で返済できるようにすることです。

基本的に自己破産のように借金が帳消しになるわけではありませんが、裁判所が関わることがないので、手続きが簡単です。

また、任意整理をしたくないところがあれば、その会社を除いて手続きすることもできます。ただ、いわゆるブラックリストには載ることになります。

私が債務整理をした時の状況

当時、私(女)は20代でした。会社員として勤めていましたが、年収が200万程度。1人暮らしをしていました。

軽い気持ちから借り入れをし、生活費が足りなくなると借りてしまう状況でした。

最終的には、アコム・アイフル・オリコ・ローソンカードの4件で、総額190万、月々の支払いは7万円に膨れ上がっていました。

10年程前ですので、法改正前で年収に対する借り入れの割合の制限がなかった時です。

債務整理に踏み切った私

当時の状況を見て分かるとおり、私の月収は手取りで13万。1人暮らしで家賃3万5千円、支払い7万円、光熱費や食費も考えると、もう限界でした。

支払いも滞るようになり、悩みに悩んでネットサーフィンをしていたときに債務整理の存在を知りました。

借りたものは返したい!ただ、月々の支払いが少しでも減らせれば…という一心で、法律事務所に電話したのを覚えています。

司法書士とのやり取りと債務整理の結果

私は地方に住んでいたので、ネットで見て電話した事務所からはかなり離れていたので、基本的に会うことは無く、電話と書類のやりとりのみでした。

現段階での借入先と金額を話し、委任状と契約書を記入しただけです。あとは全部担当の方が交渉してくれました。とても親身になって話を聞いてくれて、すごく心強かったです。

そして債務整理の結果ですが、過払い金も発生していたため、うれしいパプニングがありました。

190万円あった借金が120万円に減額され、月々の支払いも7万円から3万4千円になりました。

こうして、月々3万4千円を3年間払い完済しました。

借金でお悩みのみなさんへ

借金にお悩みのみなさんも多いと思います。ブラックリストにはなりたくない、なんとか自力で返したい…。その気持ちは分かります。

自力で返せるなら私だって自力で返していました。しかし、限界がきてどうにもならなかったとき…そんなときのための法律です。

今回の私の体験が少しでもお役に立てたらと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク