「債務整理」という単語を初めて知ったのは25歳の夏でした。

スポンサーリンク

転職で収入が下がったことで

私は当時転職をし、新人会社員として働き始めていました。

新人ということで給料も低く、年収も350万円そこそこ、一人暮らしの私は毎日切り詰めた生活をしておりました。

お付き合いしていた彼女は、贅沢に育ったお嬢様でしたので、デート代等出せるはずもなく、SMBCモビットを利用しデート資金を作っていました。

そんなこんなで気付いた時には借金が250万円ほどに…。

キャッシングをしている際は働いて稼いだお金でもないのに、自分のお金のような錯覚に陥ってしまい、次から次へ借り入れをし、金銭感覚がマヒしていたと思います。

返済のためにまた借り入れをしての繰り返しで、いつになっても借金は減らず、毎月利息だけを返しているようなものでした。

任意整理を決断する

そんな時に、知った債務整理という言葉。電車の中吊り広告のキャッチコピー「借金で悩んでいる方」という言葉が気になり、即ネット検索をしてみました。

弁護士が介入し、借金を効率よくきちんと返済していくという任意整理。私は「これだ!」と思い、即弁護士事務所へ電話をしました。

テレビやラジオでよく聞く、過払い金というものは私にはなかったため、借金自体が減ることはありませんでしたが、毎月4万5千円の返済の計画を立てていただき、現在返済中です。

任意整理では、利息が止まるため、大変助かりました。

おかげで借金が減った

ですが、月4万5千円という金額(返済金額は弁護士の方とのやりとりで決定します。自分の返済プランを立てることが可能です)は少し大きすぎたと感じています。

途中で変更できないため、月の返済額、返済期間等よく考えたうえで決定すればよかったと後悔しております。

ただ、そのおかげで、現在150万円まで借金が減りました。

とはいえ、まだまだ返済期間は続きます。もちろん、知り合いや親兄弟にも借金のことは言えません。

一人で悩むより、まずは誰かに相談するだけで大変気持ちが楽になりました。

無料相談を行っている弁護士事務所さんもありますので、是非弁護士の方へご相談してみてください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク