私は過去に債務整理をしました。選んだ方法は任意整理です。

任意整理をすることで利息分を払う必要がなくなり、月々の支払額を減らすことに成功しました。借金自体を減額することはできませんでしたが、借金を確実に支払える状況になりました。

債務整理をした時の状況ですが、20代男性会社員で年収300万円台。借り入れ状況はプロミス30万円、JCB(クレジット+キャッシング)100万、SMBCモビット90万でした。

スポンサーリンク

私が借金をした理由

私の実家は裕福ではなかったため、社会人になってからいくらか家計を助けるためにお金を入れていました。

しかし社会人2年目に父が病気で倒れ、父の代わりに家賃や光熱費等を全額払うようになりました。全部で13万円程です。その他に携帯電話代、奨学金の支払いがあり、当時手取りが17万円程の給料では、全額支払えても生活出来ない状況です。

そのため、生活費に充てるために消費者金融の利用を始めました。

しかし父の入院費、資格勉強のための費用等、変動費が増えていくにつれ借入額も増えていき、200万円を超えました。

自転車操業状態に陥り、常に借金の事が頭にちらついていました。何のために仕事をしているのか、生きているのか分からなくなってきたのです。そこで友人に相談し、債務整理をすることを決断しました。

弁護士事務所に債務整理の相談

評判の良い弁護士事務所を探し、無料相談窓口を提供している事務所が多くあり最初にメールで相談をしました。

すると、一度対面にて相談させてくださいと連絡があり事務所に足を運びました。ネットにあるように本当に生活が楽になるのかと、不安があることは否めません。

まず初めにどこからいくらの借り入れがあるのか、借入期間はどのくらいあるか、情報を用意された紙に書きます。

その資料をもとに今後の方向性の話が始まりました。機械的な対応なのかと思っていましたが、非常に親身になって、今後の私の人生にとってベストな提案をしてくださいました。

「自己破産より、任意整理があなたの状況には適している。」「月々の返済額は○○円くらいなら大丈夫ですか?」というように、自身の思いを汲んでくれました。

結果として任意整理を選択。借金総額は減りませんでしたが、今後利息の支払いがなくなり、月々の支払いが約10万円から5万円になりました。

現在も継続して支払いをしていますが、5万円になったことで生活に余裕が出てきたことは事実です。

私のように借金で苦しんでいる人たちへ

私のように借金に苦しんでいる人は多々いると思います。借入額や背景等人によって異なりますが、対応は早いほうが良いです。

弁護士、司法書士の事務所はたくさんあり、必ずベストな提案をしてくれる事務所が存在します。

私自身も5社の中から選択しました。債務整理をすることにより制約がある程度生じますが、何のために生きているのか悩むより何倍も充実した生活を送れています。

借金に悩む苦しんだ末、命を絶つ人も少なくないと弁護士の方が仰っていました。そうならないためにも、悩んでいるならまず相談をしていただきたいです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク