銀行系のカードローンに申し込む場合に、その銀行の残高が少ないことを理由に申し込みをためらう人もいるようです。

「私は預金残高が少ないから審査に通らないかも?」

意外とこのような悩みは多いようで、私のサイトにも「預金残高がローンの審査に影響するか」と検索してくる人もいます。

そもそも銀行は、貯金額をカードローンの審査対象にしているのでしょうか?

そして、消費者金融やクレジットカード会社は銀行の預金残高を調べることはできるのでしょうか?

記事を読み終えると貯金がなくてもカードローンに申し込むことが怖くなくなります

貯金額は銀行カードローンの審査対象なのか

ローン審査は貯金額をチェックするのか

銀行カードローンを申し込んだ場合は、調べようと思えば申込者の「貯金額」を調べることはできるでしょう。自分の銀行であればですが。

しかし銀行カードローンの審査では、申込者の預金残高は審査対象ではありません。

銀行のカードローン審査では、まず個人信用情報機関の全国銀行個人信用情報センターの信用情報を見て、ブラックリストに載っている人ではないかをチェックします。

それから自分の銀行で過去に金融トラブルをおこしていないか、社内ブラックになっていないかチェックします。

基本的にブラックではないことが分かれば、申込者の属性を点数化(スコアリング)してその点数が一定以上であれば仮審査通過となります。

それから、申込者の勤務先などに在籍確認の連絡をして、問題なければ審査完了。めでたく審査通過が決定します。

このカードローンの審査の流れの中に、申込者の預金残高チェックはありません。

関連記事:カードローン審査落ちの原因になるブラックリストとは

貯金額はカードローン審査で絶対に見られないのか

みずほ銀行カードローンに申し込めば、みずほ銀行の口座が見られる可能性はゼロではありません。

同じように三井住友銀行カードローンに申し込めば、三井住友銀行の口座が見られる可能性はあります。

銀行は自分の銀行口座しか見れません。他の銀行の口座を見ることはできないので、口座を見られるリスクを減らしたい人は口座を持っていないカードローンを申し込むといいでしょう。

銀行には守秘義務がありますから簡単に教えることはできませんが、グループ会社であればチェックされる可能性はあります。

共同利用する個人データの項目
(1)属性に関する情報(住所、氏名、生年月日、勤務先、役職、電話番号等の連絡先等のお客さまに関する情報、およびご家族に関する情報等)
(2)財務に関する情報(収入・支出、資産・負債の状況等)
(3)お取引に関する情報(商品・サービスの種類、取引金額、契約日、取引ニーズ等)
(4)お取引の管理に必要な情報(取引店番号・口座番号等の各種管理番号、取引記録・経緯、融資等に関しての判断に関する情報等))(引用:株式会社三井住友フィナンシャルグループ

プロミスやセディナなどのSMBCグループ内で共有される可能性はゼロではありませんので、申し込む前にどこか別の金融会社と提携してないかチェックするといいです。

ちなみにCICやJICCなどの信用情報機関にも口座残高の記載はありません。

カードローン審査対象はその申込者に安定収入があり安定した生活基盤があるかという点を見ることがほとんどです。

それは銀行だけではなく、消費者金融やクレジットカード会社も同じです。

クレジットカード会社は審査で銀行の口座残高を調べるのか

クレジットカードは口座残高が審査に影響するのか

クレジットカード会社は銀行の預金残高は分かるのでしょうか?

まずは個人信用情報機関ですが、当然ながらクレジットカード会社は銀行の貯金額は分かりません

あくまでも金融事故情報が載っているだけです。どこからいくら借りていて、いつ申し込まれたかくらいしか分かりません。

「滞納しているか」「債務整理をしたか」といった情報はありますが、個人の預金残高はどこを見ても分かりません。

これはCRINを見たとしても分かりません。あくまでも銀行、クレジットカード会社、消費者金融がそれぞれ金融事故情報を共有しているだけですので、CRINには金融事故情報が載っているだけです。

銀行とグループ会社ではないかという点さえ気を付ければ問題ありません。

消費者金融は審査で銀行の口座残高を調べるのか

さきほどのクレジットカード会社の話と重複しますが、消費者金融も銀行の口座残高を見ることはできません。

消費者金融も自社データと信用情報機関の情報しか見れないので、他社である銀行の貯金額など分かる訳がありません。

逆に言えば、銀行口座にいくら多額のお金を入れていたとしてもカードローンの審査は有利にならないことがわかります。
預金残高がいくらあるのかは分からない訳なので。

プロミスの場合は、三井住友銀行の口座情報がSMBCグループ内で共有される可能性はゼロではありません。

とはいえ、見られることはないと思っています。消費者金融のカードローンは金額が大きくないので、口座情報を見ても審査に役に立つほどのデータが取れないからです。

無担保と審査スピードが売りの消費者金融が、同じグループ会社といえども口座情報を見るとは思えません。

それよりも他社借入件数やクレヒスを気を付けたほうが審査に通る可能性は高くなります。

住宅ローンの審査は貯金額なしだと難しい

住宅ローンの審査は貯金なしでも通るのか

カードローンの場合は貯金額を気にすることはありません。審査にはほとんど関係ありませんから。

ですが住宅ローンは別です。

住宅ローンの審査では自己資金を証明するために通帳の写しが必要なケースは多いです。

預金通帳や証書など(自己資金を証明する書類)
原本をご提示いただき、コピーを取らせていただきます。(引用:宮崎太陽銀行

自己資金につきましては、自己資金の原資を確認させていただく場合があります。ご了承ください。(定期預金通帳・証書・解約時の明細書・他行通帳等の原本、贈与申告書等)(引用:常陽銀行

貯金額もさることながら、「毎月定期的に貯金しているか」などを見て、計画的に住宅ローンを返済できる人かチェックされると思ってください。

例えば、平均年収500万円の人が毎月20%ほど、年間100万円貯金したとします。5年すれば500万円貯まっています。これで計画的に貯金していたという点が評価されます。

まとめ:貯金額はカードローンの審査に影響しない

基本的に、預金残高はカードローンの審査には影響ありません。

それよりも申込者の収入や生活が安定しているかのほうが重要です。

預金残高が少ないことが原因でカードローン審査に落ちることはありません。

預金残高は関係なく、個人の属性とブラックリストに載っていないかどうかが審査されますので安心してください。

住宅ローンだけは貯金額が審査されますので注意が必要です。