【2019】アイフル体験談|会社が倒産した29歳女性が初めてお金を借りることに

今から2年ほど前、働いていた会社が急に倒産していました。

ある朝、私がいつも通り出勤すると、テナントビルの1室を借りていた会社のドアに板が貼り付けられていました。

「部署閉鎖」

雑な字で、張り紙が貼られていました。

小さな会社でしたが、少ない売り上げで何とかお金を回している。

そんな感覚は以前から知っていましたが、「こんなに急に会社が潰れることがあるんだ…」と改めて世の厳しさを実感しました。

それは良しとして、困ったのはお金の問題。

もちろん会社は潰れているので、その月のお給料をもらうことはできません。

困った私は、アイフルのカードローンに申し込むことにしました。

お金を借りたことがなかった私がアイフルを選んだ理由

アイフルを選んだ理由は

私がアイフルを選んだ理由は、アイフルはテレビコマーシャルなどでもお馴染みの超有名消費者金融だったからです。

それまで他人からお金を借りたこともなかった私は、消費者金融を選ぶ基準として「安心感」を組み入れました。

アイフルは大手ならではの安定感で、安心して利用することができました。

銀行のカードローンも考えましたが、審査が厳しいという口コミが多かったのでやめました。

アイフルに申し込んだ時の状況は

アイフルで借り入れを行ったときの私の年齢は29歳、性別は女性。

当時の年収は350万円程度でしたが、会社が倒産してしまった今、アイフルが私にお金を貸してくれるか非常に心配でした。

申し込む際は、以前の会社名を入れて勤続年数は8年としておきました。

住まいは都内の賃貸アパートに住んでから5年目。

もちろん他の消費者金融などからの借り入れは一切ありません。

申し込みは無人契約機であっという間に終わりました。

アイフル担当者からの電話があった

アイフルの担当者から電話があった

あとは審査待ち。

思ったより早く、申し込んでから4時間位でアイフルの担当者から電話がかかってきました。

「審査が可決しました」

担当者は女性で明るい声で、非常にわかりやすくカードローンの説明をしてくれました。

消費者金融というと怖いイメージがあったので、ドキドキしていましたが全然普通で、オペレーターさんの電話での印象はすごくよかったです。

電話を切ると、私は現金10万円を生活費として借り入れしました。その日のうちに借り入れできたことが本当にうれしかったです。

細かいことを忘れましたが、確か金利15%前後だったと思います。

その後、仕事も決まって、今はもう全額返済しました。

あの時アイフルにお金を借りれなかったらと思うと今でもゾッとします。それくらいお金に困ってましたから。

管理人の考察

会社を辞めたあとに、以前勤務していた会社を書くのは規約違反になります。

通常は、在籍確認で勤務してないことがバレるので審査に落ちます。

アイフルは在籍確認がイヤな人のために、書類の提出のみで「在籍確認OK」としてくれるケースがありますが、そのケースで審査に通ったのかもしれませんね。